2019年4月19日についに封切られた、実写映画『キングダム』

原作漫画の最初のエピソード “王弟の反乱” に焦点を当てたストーリー展開となっていて、豪華すぎるキャストや漫画さながらの壮大な世界観が、公開前から話題になっておりました。

原作の大ファンである私は、公開2日目に映画を鑑賞。作品を愛しすぎているがゆえに、正直なところ「期待半分、不安半分」で臨んだのですが……。

いやもう、これはあり。大いにあり。あの濃密なストーリーをよくぞここまでまとめてくれたという感動で、観終わった後に胸がいっぱいになってしまった次第です~!

【原作ファンが選ぶ「良いところ」「残念なところ」をご紹介☆】

しかしながら何事も、良いところもあれば、残念なところもあるものです。

というわけで今回お送りするのは、原作ファンが選ぶ「実写映画『キングダム』の良かったところ&ちょっと残念だったところ」

以下少々ネタバレを含みますので、映画をまだ観ていないというみなさんは、ここから先はどうぞお気をつけて~!

<実写映画『キングダム』のココがいい!>
・細かい描写はところどころ省略されているものの、ストーリーが原作にほぼ忠実
・別々のエピソードを組み合わせているが、違和感なくまとめていてすごい
セリフもほぼそのままで感動するレベル
・美麗な山崎賢人さんが、粗野な野生児・信(しん)になりきってる
・大画面のアップにも余裕で耐えられる吉沢亮さんの圧倒的美貌
・漂(ひょう)と嬴政(えいせい)の演じ分けがヤバイ(特に嬴政のときの吉沢さんはヤバイ)
・橋本環奈さん演じる河了貂(かりょうてん)の “戦闘服” の再現度の高さよ!!!!!
山の民のお面や衣装、個々のキャラの再現度も素晴らしい
・そして山の民の戦闘シーンも、原作どおり野性味に溢れている(ほぼ獣)
・個性豊かな敵キャラたちも全員再現度が高くて拍手喝采
アクションが想像の100倍良かった
・特に山崎さんと吉沢さんの俊敏さには目を見張る
・長澤まさみさん演じる山の王・楊端和(ようたんわ)のカリスマ性
・最大の驚きは大沢たかおさん演じる王騎(おうき)将軍のクオリティー!
・デカい体に太い腕、独特の話し方、「んふぅ~」という笑い声、どこをとっても王騎で最高だった
・実写化は難しいと思われたキャラ「ランカイ」がちゃんと出てきたーーー!  あの残虐シーンも再現してくれてるーーー!!
・戦闘シーンがまあまあグロくて原作ファンとしては納得
・壮大なスケールに圧倒されるので映画館の大スクリーンで観るべき映画
・ONE OK ROCKによる書き下ろし主題歌『Wasted Nights』が映画にとてもマッチしていた
続篇が観たくなる

<実写映画『キングダム』のココがちょっとだけ残念!>
・阿部進之介さん演じる山の民・バジオウが “平地の民の言葉” を話してくれなかった
バジオウの覚醒シーンがなくてしょんぼり
・満島真之介さん演じる壁(へき)の存在感がやや薄かった(信・嬴政・河了貂・壁の “4人組感” がもうちょい欲しかった)
・原作ではかなりクセ強めのキャラ・騰(とう / 要潤さん)が、クセ控えめでしょんぼり

【すみません、「思い入れ」が強く出ちゃいました】

えー、ぶっちゃけ「ちょっとだけ残念なところ」に挙げた4つに関しては、完全にわたしの好みが出てしまっています。

いや、その、私はバジオウと騰のことがめちゃくちゃ好きなんですよ……。あと信のようにズバ抜けて強いわけでもないのに、いつも粛々と頑張る壁にも思い入れがあるので、原作のようにもうちょいフィーチャーしてほしかったなぁ、って……。

【原作に対するリスペクトを感じました】

しかしご覧のとおり、実写映画『キングダム』はフタを開けてみれば良いところばかりでした。原作者の原泰久さんが脚本に参加していることも、きっと大きく影響しているのでしょう。

原作ファンにとって実写化というのは不安がつきまとうものですが、今回の映画に関しては、端々から原作に対するリスペクトを感じることができると思います。

ぜひあなたのその目で、たしかめてみてくださいっ!

参照元:映画『キングダム』公式サイトYouTubeInstagram @kingdom_movie
執筆=田端あんじ (c)Pouch

▼大沢さんの王騎が活躍するとこ、もっと観たい!!!!!(続篇に期待)

▼あと環奈ちゃんの河了貂はマジでハマり役だと思います

▼楊端和のお面の再現度もすこぶる高い!

▼よくぞここまでまとめてくれました……!!!!!