2018年10月1日より、NHK朝ドラの新シリーズ『まんぷく』がスタート。私はヒロインを務める安藤サクラさんの大ファンなので、このときが来るのを、今か今かと楽しみにしておりました……!

今や生活に欠かせない「インスタントラーメン」を生み出した夫婦の知られざる物語を描いた、『まんぷく』。

この先、夫婦となる今井福子(安藤サクラさん)と立花萬平(長谷川博己さん)の出会いを描いた第1週目、お付き合いを始めた第2週目と、全体的には “ほっこり” とした展開。

男女ともに魅力的な登場人物がそろう中、特に朝ドラファンの心をガッツリつかんでいるのは、 “ハマケン” こと浜野謙太さん演じる牧善之介(まき ぜんのすけ)の存在なんです。

【白馬に乗って初登場】

牧は、福子の姉・咲(内田有紀さん)に片想いしている歯医者。交際を申し込むために今井家を訪れた際、なんと白馬に乗っていたのだから、これ以上インパクトのある初登場シーンがあるでしょうか(いや、たぶんない)。

蘭丸という名前の白馬にまたがっている姿も面白ければ、ヨチヨチとした動作で下馬するところも面白くてインパクト大。

【面白キャラ枠っぽいけど、優しい紳士なんです】

このようにツッコミどころ多めのキャラですが、牧は紳士的で一途で優しくて、いつも今井家のことを気にかけてくれる素敵な男性。

「背が低いから」というどうにもならない理由で交際を断られても(断ったのは今井家の母)、めげずに咲に会いに来ていたガッツも長所といえましょう。

【なぜかフルネームで呼びたくなる】

片想い相手の咲は小野塚真一(大谷亮平さん)と結婚してしまうのですが、その後も牧は随所でドラマに登場します。

愛すべきキャラクター・牧の存在は、すぐに朝ドラ視聴者のあいだで話題に。初登場以来、劇中に登場するたびに注目されて、今朝(2018年10月9日)もツイッターのトレンドワードに「牧善之介」が入るほど。コメントにも愛が溢れていて、

「オープニングで名前あるの見て喜んじゃった」
「出てくると笑ってしまう」
「牧善之介の恋を全力で応援したい」
「今日も出てくれてありがとう牧善之介」
「ぜひスピンオフは牧善之介主役でお願いしたい」
「どこかに牧善之介人形売ってませんか?」

といった具合にみんな牧のこと好きすぎぃ!

そしてコメントを見るとわかるとおり、なぜかみなさん「牧」や「善之介」ではなく、「牧善之介」とフルネームで呼ぶというのが通例になってしまっているようでした。でもフルネームで呼びたくなる気持ち、よ~くわかります!

【次の恋の相手は「福子の先輩」!?】

10月9日に放送された第2週目2話は、咲が結核を発症して緊急入院するというシリアスなストーリー展開。しかも咲の入院を福子に知らせたのはなぜか牧でした

実はこのシーンで、牧の新たな恋を予感させる描写もあったんですよね(お相手は橋本マナミさん演じる福子の先輩の保科さん)。

誰が恋のお相手になろうとも、牧善之介にはぜひ幸せになってほしいものです。これからもどうか、たくさんの出番がありますように……!

参照元:NHKオンラインInstagram @nhk_mampukuYouTubeTwitter検索 牧善之介
執筆=田端あんじ (c)Pouch

▼牧が出てくる振り返り漫画はこちら

▼保科さんは「美人だけど恋愛経験がない」という神設定です

▼第1週目を見逃がしたというみなさんは5分まとめ動画をチェック!*牧さんは出てきません