ホテルじゃなくても、女性がひとりでも安心して宿泊できる場所を探し、実際に宿泊し、正直にまとめるPouchのガチ企画

今回は恵比寿駅から徒歩1分のカプセルホテル「ドシー(℃)」です。

サウナと睡眠に特化した施設で、宿泊はもちろんサウナ利用だけでもOKとのこと。ということで、実際に手ぶらで宿泊してきました。

【内装がオシャレすぎるよ…】

事前に公式サイトから予約を済ませ、チェックイン! 店内はTHEシンプル&オシャレな空間。

コンクリート床と木目調の壁、そしてエリア説明が実にシンプルに書かれています。受付隣にあるフリースペースもコンセントやテーブルがなんだかオシャレな気がしてくるよ、これが恵比寿の本気なのかしらん。

チェックインして料金を払うと、受付で2種類の鍵が渡されます。ひとつは専用ロッカー、そしてもうひとつは女性エリアへ行くための鍵です。それでは、お泊まりするカプセルにレッツゴー!

【いざ、カプセル空間へ!】

ドシーは2階〜9階まであるのですが、女性の宿泊エリアは7階と8階、そして女性用サウナ・シャワー室が9階にあります。

女性エリアに到着し、専用の鍵で中へ入ると、上下に別れた古き良きカプセルがずらり! 私は上のカプセルだったのですが、登るのが地味に大変でした。でも、この登りにくさがカプセルホテルの醍醐味です。ワックワクのままカプセル内へ。

カプセルの広さは、普通サイズ。157センチの私だと広々使うことができました。中の設備は、USBコードの穴、コンセントの穴、照明のスイッチ、鏡のみのシンプル設計。テレビはついていません。本当に寝るだけの場所、という感じです。

【専用ロッカーにスーツケースや貴重品を預けるよ】

カプセルエリアの隣は、ロッカーエリア。ここにはロッカーとスーツケース置き場、そしてトイレが設置されています。

ロッカーの中には、館内で使うアメニティが入っていました。バスタオル、ハンドタオル、歯ブラシ、スリッパ、館内着です。さっそくタオルなどをもってシャワー&サウナへGOです!!

【期待のシャワー&サウナへ!】

9階のサウナを利用する場合は、一旦2階の受付に戻り、自分の鍵とサウナ用のロッカーキーと交換する必要があります。(個室シャワー利用のみなら必要なし)

サウナ専用ルームのロッカーで着替えを済ませて中へ。ドシーはサウナにこだわって作られた施設……ということで、サウナ好きとしては期待に胸が高まります。

内部には、シャワーエリア、ウォームピラー(水シャワーみたいなもの)、そして1番奥にサウナ室がありました。ちなみに、浴槽はありません

シャワーで体を洗い、サウナ専用タオルを持ってサウナ室に入ると……カラッと熱い! ミント水の入った桶もセットされていて、セルフロウリュすることも可能です。サウナストーンに、ミント水を回しかけるとじゅわわわ〜と一気に高温に!

【滝行のようなウォームピラーに困惑】

水風呂はないので、体が熱々になったら、常温のほか、15℃から30℃まである5種類の水温のウォームピラーで水を浴びます。

専用の椅子に座りボタンを押すと、シャワーのように水が出るのかと思いきや、蛇口をひねった時のような水がジョボジョボ〜っと天井から落ちてきました。ヒャッ!と最初はびっくりしたものの、水の勢いもあまり激しくないので、徐々に慣れていきます。

んが……背中を冷やすことはできるものの、全身を冷やすのが地味に難しかった。どうやったらお腹もひんやりするのか、こうか?こうか? と試しているうちに水は無情にもストップ。何度か利用したものの、上手な使い方がわかりませんでした。

【サウナ室で剥き出しの鍵が凶器に…】

サウナ室で、どーーーーーしても困ったことがありました。それはロッカーキー!

女性用ロッカーキーは、ロッカーの鍵と、女性エリアへ行くための鍵がふたつついています。ロッカー用の鍵はリストバンドの中に収納できるのですが、女性エリア用の鍵はどう頑張ってもはみ出たまま。熱々のサウナ室でどんどん熱くなっていく金属の鍵……。

さすがにヤケドしそうで、身につけるのは危険なので、サウナ室では椅子に置き、移動するときに「あっつ、あっつ!」と心で叫びなが持ち歩きました。

【女性必見! 事前準備&覚悟シリーズ】

今回手ぶら利用したのですが、「これがあったらもっとよかった!」というのもいくつかあります。

・化粧品関係
シャンプーやボディソープの石鹸系は準備されていますが、化粧水やメイク落としはありません! 事前に購入するのがオススメです。

・アイマスク
寝る時に照明を落としても、意外と明るく感じました。暗い方が寝れる! というひとは、アイマスクがあったほうがいいかも。

・スーツケースを運ぶのが大変だよ
受付は2階にあるのですが、1階から登るには階段しかありません。大きいスーツケースを持ってきている場合は、ちょっと頑張らないといけません。

・エレベーターが使いにくい
かなり狭いエレベーターなので、利用者は順番待ちすることが多いです。特に女性はサウナを利用する時の9階ー2階の往復はちょっぴり大変。待つ時間も長いし、入れたと思っても満員電車のごとくぎゅうぎゅうに! 朝のチェックアウトは特に混むので、タイミングを見計らって移動することをオススメします。

【お値段は?】

お客さんは外国人の方がすごく多かったものの、みなさんマナーがよく、夜はとっても静かに眠れました。サウナも夕方・夜・朝と決めて、チェックアウトです。

そして気になるお値段ですが、平日の夜に宿泊して3990円でした。チェックインは13時〜チェックアウトは10時です。

サウナ好きの女性には嬉しい穴場スポットであることまちがいなし! もし利用する際は、今回ご紹介した事前準備を参考にしてくださいませ。

居心地度:★★★★
値段:★★★★★
アメニティ:★★
女性安心度:★★★★
(星5点満点)

参考リンク:ドシー(℃)恵比寿店
撮影・イラスト・執筆=百村モモ (c)Pouch

▼フリースペース