色見本でおなじみの「パントン(PANTONE)」社は、毎年この時期になると、次の年のテーマカラーとなる「カラー・オブ・ザ・イヤー(Color of the Year)」を発表しています。

トレンド分析などにより、慎重に決められるという「カラー・オブ・ザ・イヤー」。今年で20年目を迎えており、ファッション業界はもちろん、家具に工業デザイン、製品パッケージなど、さまざまな影響を与えてきました。

2018年12月6日、2019年のテーマカラーとして発表されたのは「リビングコーラル(Living Coral / PANTONE 16-1546)」。ゴールドをベースにしたコーラルピンクで、イキイキとしたサンゴのような色合いが、この色にあたります。

【楽観的で包容力のある色】

パントンいわく、リビングコーラルは「楽観的で、遊び心を求める私たちの想いを具現化している」とのこと。

たしかにその言葉どおり、ぱあっと明るいムードに満ちたリビングコーラルからは、「社交的」「活発」といったポジティブな印象を受けます。それと同時に、暖かく包み込んでくれるような優しさも感じられるので、眺めているだけで心地よく感じる人もいることでしょう。

【昨年&一昨年はどんな色だったの?】

なお2018年の「カラー・オブ・ザ・イヤー」に選ばれたのは、「ウルトラヴァイオレット」。ちょっぴり青みの強い紫色なのですが、そういや今年は、こういったトーンの洋服をよく見かけたような気がします。

さらにさかのぼって2017年をチェックしてみたところ、新緑を思わせる「グリーナリー」が選ばれていました。

パントンのホームページでは過去20年分の「カラー・オブ・ザ・イヤー」をすべて見ることができるので、その年ごとの流行や注目されたものなどと照らし合わせてみると、面白い発見があるかもしれません。

【2019年のテーマカラーアイテムを探しに行こう☆】

とにもかくにも、こうして2019年のテーマカラーが決まったことですし、今のうちにコーラルピンクっぽいアイテムをゲットしておくといいかも?

すぐにでも身に着ければ、誰よりも早く “2019年を意識したスタイル” を発信することができますし、 “わかる人” にはきっと一目置いてもらえるに違いありませんよぉ!

参照元:PANTONEInstagram @pantone
執筆=田端あんじ (c)Pouch