空前の猫ブームと言われる昨今。日本全国あちこちで、猫関連のイベントが行われているわけなのですが……。

2019年4月26日から5月19日までの期間に東京・目黒区にある「ホテル雅叙園東京」で開催される展覧会「猫都(にゃんと)のアイドル展 at 百段階段」は、一風変わったコンセプトが特徴。

なんでも “アイドル” というワードがタイトルに入っているだけに、会場には平安・江戸・昭和・平成それぞれの時代の “猫の都のアイドル” が集結するらしいんです。

【写真撮影OKです!】

会場となるのは、目黒雅叙園館内にある東京都指定有形文化財「百段階段」。29名のアーティストによる累計総数3000点以上の作品が展示される場内は写真撮影OKとのこと。

【面白そうな展示が目白押し】

企画も盛りだくさんに用意されていて、22名のアーティストによる “購入可能” な展示会「猫のアイドル展」に、5名のアーティストによる期間限定の「リレー個展」

部屋のど真ん中に出現した土俵で、陶器でできた “猫力士” たちが土俵入りを行う「恋する大相撲! 目黒場所」に、猫をフィーチャーしたレコードジャケットやマッチラベルがずらりと並ぶコーナー

源氏物語の名場面を猫で表現(!)した「平安の色男『光源氏と女たち』」に、お客さん参加型の「おみくじ猫百覧会」と、どれから観ようか小一時間迷っちゃうほどのラインナップとなっているんです。

 

【昭和と平成の「アイドル猫対決」ですと!?】

その中でも個人的に注目しているのは、十畝の間で行われる「昭和猫アイドル VS 平成猫アイドル」 と、漁樵の間で行われる「猫の鳥獣戯画『3D猫国戯画』」

「昭和猫アイドル VS 平成猫アイドル」には、漫画家赤塚不二夫先生の愛猫で、「バンザイする猫」として有名だった元祖タレント猫・菊千代。そして和歌山電鐵 貴志駅にいる日本初の猫駅長・たまという、昭和と平成を代表する “アイドル猫” が登場。

羊毛作家・佐藤法雪さんの手でメガサイズ(!)で蘇るとのことでして、その再現度に期待が高まります。

一方「猫の鳥獣戯画『3D猫国戯画』」には、造形作家・小沢康麿さんによる「3D猫国戯画」をはじめ、浮世絵や錦絵を題材に猫をアイドルと見立てた作品などが並ぶよう。

どちらも、シャッターを切る手が止まらなくなりそうなんです~!

【嬉しいおまけが付いてくるチケットも♪】

一般の入場料は、当日が1600円前売りが1300円(館内前売りは1100円 ※販売は4月25日16時30分まで)。

ほかにもオリジナルシューズバッグが付いてくる1800円の券や、作家による作品や特製カレンダーが付いてくるプレミアムチケットも限定販売されているので、さっそくチェックしてみてはいかがでしょうか。

入館時間など、詳細は参照元のリンクからご確認ください。

参照元:プレスリリースホテル雅叙園東京
執筆=田端あんじ (c)Pouch

▼石渡いくよ作・創作人形

▼もりわじん作・立体造形



▼にゃんドル・猫野ミーナ

▼そのほか参加アーティストおよび作品はこちら /
おおやぎえいこ(絵画)

あべ夏(創作人形)

▼目羅健嗣(絵画)

▼松本浩子(人形)

▼加藤 豊(デザイナー)

▼有田ひろみ・ちゃぼ(墨絵・ぬいぐるみ)