東京ディズニーシーに新たに誕生する8つめのテーマポートの名前が、「ファンタジースプリングス(Fantasy Springs)」に決定! 2022年度のオープンを目指しています。

開業以来最大の面積が拡張されるポート内にはディズニー映画『アナと雪の女王』『塔の上のラプンツェル』『ピーター・パン』を題材とした3つのエリアが登場。

“魔法の泉が導くディズニーファンタジーの世界” をテーマに、それぞれの映画の世界が再現されるといいます。

【新テーマポートには何があるの?】

ファンタジースプリングスには、このプロジェクトのために開発された4つの新しいアトラクションと3つのレストラン、1つのショップ、そしてディズニーホテルが誕生。足を踏み入れるゲストは、アトラクションやレストランを通してまだ誰も体験したことのないファンタジーの世界を体感できます。

世界で唯一「海にまつわる物語や伝説」をテーマとしている東京ディズニーシーの魅力を、より一層感じられるテーマポートになりそう!

【確実に人気エリアになるな…!】

アナ雪の舞台・アレンデール王国をめぐり、ラプンツェルが暮らしていた塔を見て、思い出のゴンドラに乗船。ピーター・パンのエリアでは、ウェンディを探すべく川下りをし、ネバーランドを眺めながら食事を楽しむ……。

そんな夢のような体験ができるファンタジースプリングスは、東京ディズニーシーきっての人気エリアとなるに違いありません。

【泉や滝があって癒やされる~♡】

また、ファンタジースプリングス内のあちらこちらに泉が湧いており、昼と夜で違う表情を楽しめるという点も見どころ。

魔法の水が流れる滝や池など、水にまつわるスポットがいたるところにあるようなので、歩いているだけで心癒やされそうです。

大型アトラクション「ソアリン:ファンタスティック・フライト」の登場に、東京ディズニーランド大規模開発と、建設ラッシュのディズニー。その最後を飾る新テーマポートの誕生が、待ち遠しくってたまりませ~ん!

参照元:プレスリリース
執筆=田端あんじ (c)Pouch
Photo:©Disney

This slideshow requires JavaScript.