新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、スターバックスは現在さまざまな取り組みを行っているそう。

2020年3月2日時点で全店舗で実施が決定しているのは、「持参したタンブラーでのドリンク提供を一時休止する」といった取り組み。

そのほか、お客さんや従業員を守るための変更点がいくつかあるので、ご紹介していこうと思います。

【なるべく接触を減らす】

まず着目するのはサービスに関する変更点。

先に挙げた「持参タンブラーでのドリンク提供の休止」のほかには

・ マグカップ、ステンレスフォーク・ナイフの使用を一時休止→紙カップ、プラスチックフォーク・ナイフに順次変更
・ 直接手渡しする商品の提供および金銭受け渡し方法を変更
・ ミルク、はちみつ、パウダー類を店内に設置しない(必要な場合は声掛けを)
・サンプリング(試食)の中止
・ コーヒーセミナーや地域活動・イベントの中止

といった変更点があるそうです。こうしてみると、直接肌に触れるもの・行為に対して、極力注意を払っていることがわかります。

【衛生管理にも気を配っています】

続いて着目するのは衛生面に関する変更点。

従業員および店舗運営では、

・マスクの着用
・出勤前の検温
・以前よりもひんぱんに手洗いを行う
・ テーブル、ドアノブなど接触が多い場所は、マメに消毒を行い衛生管理を徹底する

といった取り組みを行うほか、訪れたお客さんのために消毒用アルコールを設置するということです。

今後も状況に応じて対応を進めていく

マスク着用や消毒用アルコール設置に関しては、新型コロナウイルスの国内発生が確認された早期から行われてきたらしく、今後も状況に応じて対応を進めていくとのこと。

「スターバックス リザーブ ロ―スタリー 東京」を含む一部の店舗でも、それぞれのサービスに対応したオペレーションを導入しているそうです。

スターバックスではそのほかにも、2020年度の入社式および新入社員研修の中止などを決定するなど、対策を講じています。事態が1日でも早く収束することを願ってやみません。

参照元:スターバックスコーヒー ジャパン
執筆:田端あんじ (c)Pouch