新型コロナウイルスの感染拡大のため13都道府県で休業していたスターバックスが、2020年5月19日より営業再開に!

東京や大阪など持ち帰り対応のみの店舗もありますが、久しぶりにスターバックスのコーヒーが飲めるとあって、ファンからは喜びの声があがっています。

【安全対策を強化したうえで営業再開】

13都道府県のうち、ドライブスルーを含む持ち帰りのみの対応となるのが、

北海道、埼玉、千葉、東京、神奈川、京都、大阪、兵庫の8都道府県(一部店舗を除く)。

営業も19時までの短縮となっています。

店内での営業が再開した茨城、石川、岐阜、愛知、福岡の5県についても、当面の間は短縮営業(店舗によって異なる)になるとのことです。

また、スターバックスのインスタグラムでは、「非接触支払いの推奨」(スターバックス アプリなど現金以外での支払い)や「マスクの着用」「アルコール消毒」「列間隔の確保」など感染症予防への協力も呼びかけられています。

【ネットでは「待ってました!」の声】

まだまだ完全復活ではありませんが、スタバのインスタグラムには

「嬉しい 待ってました!」
「はぁ〜生き返ったぁ〜」
「癒しの場所が再開してくれて、嬉しいです ルールを守り、早速今日行きます」
「パートナーの皆さまも引き続きくれぐれも感染や体調には気を付けつつお仕事頑張って下さいね!」

といったコメントが寄せられています。こうして見ると、毎日の生活の中でスタバを大切な居場所にしていた人がいかに多いか、改めて気づかされるのではないでしょうか。

【スタバがある毎日がすぐそばに……】

何はともあれ、営業再開はうれしい限り。衛生面など各自留意しながら、スタバのコーヒーの温かさをひさしぶりに噛みしめたいですね!

最新の営業状況や安全対策などについてはスターバックスの公式サイトにてご確認を。商業施設内にある店舗などは休業を継続しているところもあるので、臨時休業店舗一覧などでご確認ください。

参照元:スターバックス コーヒー ジャパン[1][2]、スターバックスコーヒー臨時休業店舗一覧
執筆:鷺ノ宮やよい
Photo: (c)Pouch