2020年4月13日発売の雑誌『InRed(インレッド)2020年 5月号』の付録は「PEANUTS スヌーピーハウスの保冷バッグ」

名前とおり、スヌーピーのお家のかたちをしていて、持ち歩くたびに気分がアガりそう♪

特殊な構造上、どれくらい物が入るのか気になったので、販売元の宝島社から送られてきた実物で検証してみましたよ~。

【お家のかたちがかわいい~!】

「PEANUTS スヌーピーハウスの保冷バッグ」の特徴は、 “赤い屋根のお家” がモチーフとなったデザイン。

屋根の部分や持ち手、ふちの部分は、ツヤのある合皮っぽい素材。

そのほか本体部分はキャンパス風の生地で構成されていて、ワンポイントとしてスヌーピーとチャーリー・ブラウンが描かれています。

【ありそでなかった斬新なフォルムです】

保冷バッグの付録にはこれまでも数多くご紹介してきました。

だけど、こんなかたちは初めて! 屋根にあたる部分が三角形になっているところがかわいらしく、一見しただけでは保冷バッグに見えな~い!

【気になる「収納力」は!?】

しかしこの独特なフォルムゆえに、収納力が未知数です。試しに555ml入りペットボトルを寝かせた状態で入れてみたところ……

残念! 入らないっ! 縦にして入れても、頭が飛び出てしまいます。

555mlボトルは無理でしたが、330mlボトルなら寝かせた状態で入るよう。また350ml缶や小さめの携帯用マグも、縦または横にした状態で、2本並べて入れることができました。

しかし……缶を縦にすると、屋根を三角形の状態にしたときに、全体のフォルムがやや歪んでしまいました。

本来のすっきりとしたフォルムで持ち歩きたいなら、背の高いものは寝かせた状態で入れるのがベストかと!

ドリンク1本だけであれば、スリムなタイプのお弁当箱やサンドイッチなどと、並べて寝かせて収納できます。

上部分がやや余るので、保冷剤を入れたり、チョコレートなどちょっとしたおやつを入れてもいいかもしれません。

【結論:ひとり分のランチ向き!】

検証の結果、「PEANUTS スヌーピーハウスの保冷バッグ」はひとり分のランチを入れるのにちょうどいいサイズだと思いました。

複数人でのピクニックなどには不向きですが、日常で使うには十分なキャパシティーといえましょう。

なお公式サイトによると、コスメ入れや薬箱としても使えるとのこと。さっそく薬類を入れて試してみたところ、すっきり収納できました。

【増刊号の付録もいいゾ】

「InRed」5月号のお値段は税込み1080円。フレキシブルに使えるし、なにより見た目がかわいいので、買って損はないと思いま~す!

ちなみに同日には、セブンイレブン・セブンネットショッピング限定の増刊号(税込み1149円)も発売されます。

こちらの付録は「PEANUTS スヌーピーの2個セット 保冷バッグと保冷ボトルケース」

保冷バッグはひとり分のランチを入れるのにちょうどいいサイズ。セットのボトルケースには、555mlボトルがまるっと収納できます。

スヌーピー柄とポップな色合いがキュートなので、ぜひあわせてチェックしてみてくださいっ!

参照元:宝島社
撮影・執筆:田端あんじ (c)Pouch

This slideshow requires JavaScript.