2020年4月9日にYouTubeに公開されたポカリスエット新CM『ポカリNEO合唱』は、テレワークが広がる国内外の現状をそのまま表した秀作!

ヒロインの汐谷友希さんと97名の中高生たちが、自宅にいながら自撮りを行い、それらをつなぎ合わせて「ネオ合唱」を披露しているんです。

今は会えないけれど、みんながそれぞれの場所で、自分の歌を歌う。撮影は3月に行われたらしく、スピーディーな対応にネットから称賛の声があがっています。

【歌声がどんどん重なり合ってゆく】

わずか6日ほどで再生回数33万回超を記録している『ポカリNEO合唱』60秒篇は、汐谷さんの発声練習からスタート。

その声を合図に、中高生たちがそれぞれ撮影した自撮り動画が次々とつながっていき、歌声が重なり合うことで「ネオ合唱」が完成する……といった内容です。

【今の時代にめちゃくちゃ合ってる!】

全員同じ場所にいるわけではないので、撮影中の歌声は「独唱」となります。

けれどそれらをつなぎ合わせれば「合唱」になるわけで、今回ポカリスエットが行った試みはまさしく、今の時代にあった「ネオ合唱」のかたち! メイキング映像を見ると、撮影は各個人の私物のスマホなどで行われたことがわかります。

【ネットでも絶賛の嵐】

『ポカリNEO合唱』はツイッターでも話題で、

「この時代にこういうの見るのほんと良い」
「こういうCM、どこが最初に作るかなと思ってたけど、この状況下で実際に形になるととても良い」
「コロナで大規模な撮影が出来ない中で自撮りでやりきったポカリの動画は今この瞬間を捉え切っていて、僕らにどんな言葉よりも前に進む勇気をくれる。」

といった具合にたくさんのコメントが寄せられています。

CMだけでなく、「渇きを力に変えてゆく。」というキャッチコピーも今の時代にしっくりきていて、ことさら胸に響く……!

見ごたえたっぷりなので、さっそくご覧になってみてくださいっ。

参照元:大塚製薬、YouTube[1][2]
執筆:田端あんじ (c)Pouch


▼このアイデアをプロも絶賛