独創的な画風から、 “画伯” と呼ばれることも多い星野源さん。2020年1月にはドコモCMのキャラクター “ポインコくん” の似顔絵を描いて、世間をザワつかせていました。

あれから約2か月……なんとこのたび、星野画伯によるポインコくんが実写化されたのです~! しかもクオリティーめっちゃ高いんですけど~!

【こんなに実物に似てない似顔絵、ある?】

星野画伯が描いたポインコくんは、ポインコくんに全く似ていないところが最大の特徴です。

眠たそうなお目目、平たく大きいお顔、どこかを指さす謎ポーズなど、どこをとってもポインコくんとは思えず、見れば見るほどジワジワきます。

【「本家」が実写化しちゃいました】

そんな “ポインコくんのような何か” を本家のドコモがまさかの実写化! 生みの親である星野さんとおしゃべりする姿を、YouTubeに公開しました。

実写化された “ポインコくんのような何か” の話し方は、どこか無気力

星野さんを「おとうさん」と呼びつつ、うつろな目でじっと見つめる姿には、哀愁すら漂っています。まだ生後2か月なのに……どうして中年男性のような佇まいなの……。

しかし “ポインコくんのような何か” は、実際は無気力ではないようで、自主的にグッズを作るなど活動に意欲的。

自分の顔を描いただけのTシャツに5980円という高値をつける(!)など商売する気も満々で、やっぱり生後2か月とは思えないよ~!

【星野さんも「クソかわいい」と絶賛】

そんな “ポインコくんのような何か” には底知れぬ魅力があって、だんだん本家のポインコくんよりもかわいく見えてくるから不思議です。(私だけ?)

ぼそぼそと話すしゃべり方にも、なんともいえない表情にも味があって、気がつけばハマってしまうこと必至。

星野さんも自身のインスタグラムで「クソかわいい」とべた褒め(?)しており、大層気に入っている様子です。

【名前はまだない】

ちなみに “ポインコくんのような何か” にはまだ名前がありません

星野さんがドコモCMで演じている、 “星P” こと星あゆむプロデューサーが更新するツイッターアカウントにひんぱんに登場しているので、フォローしておくと続報をゲットできるかも!?

参照元:YouTubeTwitter @p_hoshi_pInstagram @iamgenhoshino
執筆:田端あんじ (c)Pouch

▼「おとうさん」との共演動画はこちらです