2020年6月23日から、首都圏のセブンイレブンで順次発売されている新商品「ご飯の代わりにお豆腐麻婆茄子」

名前のとおり、ご飯の代わりにお豆腐が入っているらしく、1食あたりのカロリーは286kcalという低さ。

ダイエット中には良さそうですが、麻婆とお豆腐を組み合わせている時点で、もはやそれは “麻婆豆腐” なのでは……!?

そのあたりの疑問を解明するべく、私はアマゾンの奥地……ではなく、最寄りのセブンイレブンへと向かいました。

【たんぱく質と糖質に注目!】

お弁当やお惣菜の売っているコーナーで、「ご飯の代わりにお豆腐麻婆茄子」を発見。

パッケージを見ると、カロリーのほか「たんぱく質20.3g」「糖質14.4g」と書かれていて、ダイエッターにとってはありがたいメニューであることがわかります。

【お豆腐が独特&麻婆茄子がシビシビ♡】

さっそくレンジでチンして、揚げナスがごろっと入った麻婆茄子とご対面~!

容器は二重構造になっていて、下の段のお豆腐に、麻婆茄子をかける仕組みです。

容器いっぱいに入ったお豆腐は、見るからにボリューミー。ひと口食べてみると、口当たりなめらかでトゥルトゥルなのに、ズッシリ感もあって食べごたえありそう。

個人的な感想としては “絹ごしと木綿の中間” みたいなお豆腐、という感じでしょうか?

続いて麻婆茄子を食べてみると、おお、これはかなりスパイシー! しっかり辛くて、口の中にシビれるような感覚が残ります。

けれどそんなシビシビ感がたまらなくウマいっ! 揚げナスはもちろん、ひき肉もたっぷり入っています。

セブンイレブン公式サイトによると、挽肉のほか大豆ミートを使用しているそう。豆板醤などで炒めて、仕上げに四川山椒を加えているらしく、“シビ辛” の理由がわかりました。

しっかりと味も濃く、ご飯が進みそうな麻婆茄子ですが……果たしてお豆腐との相性やいかに!?

【うそ…まるで「ご飯」を食べてる感覚!】

麻婆豆腐とどう違うんだろう?とワクワクしながらお豆腐に麻婆茄子をかけて食べてみると……。

まるで「麻婆茄子をおかずにご飯を食べている」ような感覚でビックリ!

お豆腐の食感が独特なこと、また麻婆茄子を後からかけていることで、“豆腐っぽさ” を感じないのです。

食べ進めながら、途中で「いやまて、これ豆腐だよね?」と、脳がバグりそうに……。

いやはや、完全に麻婆豆腐とは別物でした。あらかじめ混ぜてからレンチンしたものを食べたら、やっぱり「茄子入り麻婆豆腐」だと思うかもしれませんが……食感や “後がけ” で、こんなにも印象が変わるんですねえ。

全部食べると満腹感もあるし、炭水化物を控えたいときには良さそう! ちょっぴり不思議な麻婆茄子&お豆腐の組み合わせ、ぜひみなさんもお試しあれ~。

参照元:セブンイレブン
撮影・執筆:田端あんじ (c)Pouch

This slideshow requires JavaScript.