2020年8月23日、兵庫県・神戸どうぶつ王国に、スナネコの赤ちゃんが誕生しました。

スナネコ最大の特徴は、 “砂漠の天使” と称されるほどの、かわいらしいビジュアルです。

大人でもかわいいのに、赤ちゃんときたら……そりゃあもう、かわいいに違いない~~~っ!

【天使すぎるし「かわいい」しか言えない】

さっそくスナネコの赤ちゃんをチェックしてみたところ、あまりのかわいさ、愛らしさに、一瞬で語彙力を失ってしまいました。

小さくて、モフモフで、時々フルフルと動いていて……これ完全に「地上に舞い降りた天使」じゃん……!

生まれて間もない頃は目が開かず、ずっとしょぼしょぼしているところもかわいいっ。

生後13日目にして、ようやく両目が開いたようですが、まだしょぼしょぼ気味で、愛おしさで胸が張り裂けそうです。

【飼育員さんに育てられているみたい】

赤ちゃんは、スナネコのムスタとバリーから生まれた男の子で、名前はまだ決まっていないよう。

母親のバリーが育児放棄してしまったため、人工保育を開始。

飼育員さんたちに見守られながら、毎日ミルクをよく飲んで、元気いっぱいにすくすく育っているみたいです。

【飼育例がなかった「スナネコ」】

実はスナネコは、日本国内の動物園・水族館では飼育例がありませんでした。

初展示されたのは今年3月。以来、神戸どうぶつ王国と、グループ園である那須どうぶつ王国で、日本初の飼育が行われています。

今回の赤ちゃん誕生は国内3例目となり、神戸どうぶつ王国では初の繁殖! なんともめでたい話じゃございませんか!

【ウェブ上から成長過程を見守ろう♪】

スナネコの赤ちゃんはまだ一般公開されていませんが、決まり次第、公式サイトや公式SNSでアナウンスされるようです。

日々成長していく様子もこまめに更新してくれているので、ぜひチェックしてみてくださいね~!

参照元:神戸どうぶつ王国Twitter @kobe_doubutsuYouTube
執筆:田端あんじ (c)Pouch

▼フルフルしておる…!


▼元気に育ってね~♡