現在日本テレビ系で放送中のドラマ『35歳の少女』。

主演の柴咲コウさんの神演技が話題の本作ですが、そのいっぽうで、じわじわ注目度がアップしているのが竜星涼さんが着ている「Tシャツ」!

毎回、メッセージ性のあるワードが書かれていて、一部の視聴者のあいだで話題になっているんです。

【反抗的なキャラなのに…】

竜星さんが演じているのは、望美の父の義理の息子・達也。

View this post on Instagram

実はファンキーな3人家族💣💣💣  #田中哲司 さん演じる進次率いる今村家🏠 怒りをキュウリ🥒にぶつける加奈(#富田靖子 さん)と #竜星涼 さん演じる達也が 暴れる系引きこもり故に、ドラマでは、ナーバス😱😱😱  しかーし、現場の今村家は…😂😂😂 こんな感じ😉✨ Twitterには他の写真も🤳 アドバイスいただいたので、 Twitterにはリンクを貼ってみました‼️ まだまだアドバイス募集してます😂ぴえん🐢 #みんなでかくれんぼ #見た人はわかるよね? #かくれんぼの理由は #第一話で #竜星くんはいつも真ん中 #大事な一人息子 #富田さん可愛すぎて #癒されます #哲司さんのスマイル #時岡家より全開☺️ #でもドラマではどっちつかずな男 #そんな今村家 #第二話も大波乱😱 #暴れるのはよくない #35歳の少女 #三十五歳の少女 #日テレ #土曜よる10時

A post shared by 【公式】「35歳の少女」土曜よる10時 (@shojo35) on

大学を卒業後、就職先を2年で退職したあと1年以上部屋に引きこもっていて、ときおり出てきては暴れる……という役どころです。

義理父や母に対してとっても反抗的なのに、着用しているTシャツに書かれているのは、態度とは真逆な言葉ばかり

これまでに出てきたのは「絆」「誠」「感謝」といったワードで、あまりのギャップに注目する人が続出しているんです。

【最新話のTシャツは「Help me」】

なお、2020年10月24日に放送された最新作第3話では、「Help me(助けて)」と書かれたTシャツを着ていました。

まるでTシャツに書かれたメッセージが心の叫びのようにも見えますが……

もしそうだとしたら、反抗的な態度とは裏腹に、これまでも心の中では「絆」を感じたり「感謝」したりしてるってこと!?

【どんな意味があるのだろうか】

ツイッターをチェックしてみると、Tシャツに注目する人がチラホラいることがわかります。

私と同じく、なんらかの意味があると考える人も多く、

「35歳の少女で竜星涼が着てるTシャツの文字は次回のキーワードになってるとかなんかな」
「引きこもりの彼のTシャツの文字はその回のサブタイトルか?」

といった声が見られました。

こうなってくると気になるのが、次回第4話のTシャツデザインです。

予告編にチラッと映り込んでいるのですが、どうやら「一発逆転」と書いてある模様。

この言葉が何を表すものなのか、それとも全く意味がないのか、ドラマを観ながら推測してみようと思いますっ!

参照元:日本テレビInstagram @shojo35Twitter @shojo35Twitter検索 竜星涼 Tシャツ
執筆:田端あんじ (c)Pouch

▼第3話で精神的成長を見せた望美でしたが、次回第4話では「反抗期」に突入!?