イギリス・ロンドンを拠点とする「Father&Sons(ファザーアンドサンズ)」は、メンズシャツを中心に扱うファッションブランド。シンプルで美しいかたちのシャツはフォーマルにも活用できそうで、女性でも目を奪われてしまうんです。

しかし “目を奪われる” 理由は、シャツの美しさだけにあらず

起用されているモデルさんたちがマッチョすぎるのか、はたまたシャツがタイトすぎるのか。

ホームぺージおよび公式インスタグラムに掲載されている着用写真はどれも驚くほどピチピチで、「これってホントにサイズ合ってるの!?」とツッコまずにはいられないんですよね。

【いくらなんでもピチピチすぎやしないか】

タイトな着用感といっても限度があるのでは……思ってしまうほど、モデルさんたちが着ているシャツは例外なくみんなピチピチ

盛り上がった上腕二頭筋や大胸筋がはちきれんばかりに主張しておりまして、「俺たちはここにいるぜ……」と訴えかけてくるかのようです。

【パンツもピチピチやないか】

さらに目を見張るのは、シャツだけでなくパンツまでピチピチな点。

つまりは首から下すべてがピチピチなので、体のラインが丸わかり~!

モデルさんがマッチョなのも手伝って、「フンッッッッッ!!!!!」と全身に力を入れたらすべてがはじけ飛んで真っ裸になってしまうのではと、心配になってしまいます。

【注目モデルは「体脂肪5%の男」】

数多くいるマッチョイケメンモデルの中でも特に気になるのが、ロン毛とたっぷりたくわえたヒゲがワイルドなショーン・レザーイ(Shaun Rezaei)さん。

強面のような印象を受けますが、よ~く見ると甘いマスクで、映画『アクアマン』で知られるハリウッド俳優のジェイソン・モモアさんにもほんのり似ています。

お顔もかっこいいのですが、ショーンさんの魅力はやはり、バッキバキの筋肉。なんと体脂肪率は5%(!)とかなり鍛えているようで、インスタグラムではCG加工されているのではと思ってしまうほど、筋骨隆々の肉体を拝むことができますよぉ!

【マッチョのためのシャツって感じがする】

それにしても……ここまでピチピチなシャツだと、スリムでもぽっちゃりでも着こなすのが難しそう。

マッチョにしか似合わないような気がするので、やはりモデルさんたちは選ばれるべくして選ばれたのだな~と、強く感じてしまったのでした。

「Father&Sons」のシャツを購入すれば、 “理想の体づくり” に対するモチベーションも上がるかもしれませんね!?

参照元:Father&SonsInstagram @fathersons_Instagram @shaun_rez
執筆=田端あんじ (c)Pouch

▼右も左もピチピチ~!

▼ショーンさんのインスタも見てね