ピザのデリバリーは台湾でも大人気。

ある日、台湾のドミノピザ(達美樂)のメニューを何気なく見ていたところ、一風変わったピザ生地を発見しました。なんと、ピザの耳に黒糖タピオカと白玉団子が入っているんです……!

公式ホームページには「たっぷりの具材と濃厚のチーズに、黒糖タピオカと白玉団子による甘さと香りが加わることで生み出される味わいは、一度は試す価値あり!」といった感じで説明されています。

ピザに黒糖タピオカと白玉団子って、なかなかのインパクト! いったいどんな味のハーモニーが生み出されているのか気になるので、実際に注文して食べてみました。

【台湾のドミノピザは生地の種類が豊富♪】

台湾のドミノピザは、ピザの生地の種類がとっても豊富

耳にチーズが入っていたり、生地と生地の間にチーズが挟まれたものは日本でも見かけますが、ヘルシーなカリフラワー生地のピザ(花椰餅皮)なども販売されているんです。

【ほとんどのピザは黒糖タピオカ・白玉団子入り生地が選べるよ】

でも、中でも耳に黒糖タピオカ&白玉団子が入ったピザ生地「珍珠滋心(ゼンジューズーシン)」は、台湾ならではだと思います……!

ほとんどのピザは、Mサイズがプラス80元(約300円)、Lサイズがプラス100元(370円)でこの耳にできちゃいます。

とりあえずリーズナブルな「超值四喜(チャオジースーシー)」というクワトロピザの耳を、珍珠滋心にして注文してみました


蓋を開けてみると、耳の部分がふっくらと膨らんでいて、カットされたピザ生地の間から黒糖タピオカがちょろっと顔を出しているのが見て取れます。

【しょっぱさと甘さの組み合わせは如何に?】

では、さっそくいただいてみます。まずはいきなり耳の部分をひとくち。

あ、これはもう、ピザというより完全にスイーツだわ……!

タピオカには黒糖の甘さがじんわり、白玉団子も甘く煮込まれていて、噛むたびにやさしい甘さが口いっぱいに広がります

あたたかいピザ生地のふわっとやわらかい食感に続き、タピオカと白玉団子のもちもち感が存在感を放ちます。

【でもピザとの相性は…】

そして、気になるチーズと耳の部分の相性ですが……。残念ながら、しょっぱさと甘さが若干ケンカしてしまっているような気が……

チーズの濃厚さにトマトソースの酸味、さらに黒糖タピオカと白玉団子の甘さがそれぞれで主張してくる……!

このピザ生地は、ピザの部分はピザとして食べ、残った耳の部分はデザートを食べるような感覚で食べるのが正解かなと思いました。

珍しいタピオカピザですが、また食べてみたいか?と言われると、正直なところ一度でいいかなぁ……

耳の中にはチーズが入っているのが一番好きかな……。でも決してまずくはないので誰かと一緒にピザを食べる機会があれば、ネタとして注文して楽しむのはアリだと思いました。

いつか台湾に来ることがあったらチャレンジしてみるのも悪くはないかも!?

参考:達美樂
撮影・執筆:Yui Imai
Photo:(c)Pouch