モデルやタレントなどマルチ活躍するSHELLYさんが、2020年12月にYoutubeチャンネル「SHELLYのお風呂場」をスタート。

明るく楽しく、時に熱く、性教育について語るチャンネルで、登録者数はすでに10万人にもおよびます。

“性教育”と聞くと一歩下がってしまうイメージがありますが、SHELLYさんの人柄もあってか、カラッとしていて見やすいんですっ!

10~20代の若い世代はもちろん、大人が観ても興味深い動画ばかりとなっておりますよ~。

【失敗談から学ぶ「性教育の大切さ」】

「SHELLYのお風呂場」に投稿されている動画は全9本(※2021年2月22日時点)。

その中で再生回数が多い動画TOP3は、

1位 初体験の話(156万回)
2位 ゴムの装着法(93万回)
3位 姉たちから学んだ教え(90万回)

といったラインナップです。

1位「初体験の話」では、初体験に基づくSHELLYさんや友人たちの“失敗談” を披露。性教育がいかに身を助けるか、わかりやすく伝えています。

2位「ゴムの装着法」では、

・ゴムを袋から出す前に端に寄せる
・封は最後まで開けきる(ゴムを傷つける可能性あり)
・装着の向きを間違えたら迷わず捨てる

など、ためになる教えばかり……! 「もしかしたら、きちんとできていなかったかも!?」と自分を顧みれるし、カップルで観れば、お互いの話をするきっかけになりそうです。

【3位の動画はコメント欄込みで観てほしい】

1位・2位の動画はともに必見ですが、男女問わずぜひ観てほしいのが、3位「姉たちから学んだ教え」

・自分のお酒から目を離しちゃダメ(薬を入れられる可能性あり)
・「被害者からのNO」を受け取らない人が悪い、男であろうと女であろうと被害者は悪くない

といったことが語られており、色々と考えさせられるんです。

SHELLYさんのチャンネルは、コメント欄も見どころのひとつなのですが、3位の動画を観た視聴者からは

「男女ではない、被害者には男性もいると言ってくれているのを聞いて視界が揺らぐほど救われました」
「(性被害に遭ったと聞いて)男性だからって理由で大丈夫でしょ?って言って笑った自分、最低だ。気づかせてくれてありがとう、シェリー」

といった声が寄せられており、SHELLYさんの言葉が誰かを救い、また誰かの視野を広げていることがわかります。

【記念すべき1回目の動画がアツいんです】

個人的に、もうひとつ観てもらいたいのが、第1回目の動画。なぜなら、SHELLYさんの性教育に対する熱い思いが伝わってくるからです。

「若い女の子たちには、自分の人生・選択肢・身体に自信を持ってほしいし、もっと “自分で舵を取っている” 感覚を持ってほしい」
「性教育は生きるための教育であり、大事な武器なのだ」

そんなふうに語りかけるSHELLYさんを観ていると、同じ大人の女性として、熱いものがこみあげてきます。

また第1回目の動画では、チャンネルに「お風呂場」と名付けた由来も明かされているので、ぜひご覧になってみてください♪

参照元:YouTube
執筆:田端あんじ (c)Pouch

▼学校で流してほしいくらい、いい!