もうすぐお花見シーズン。今年はおうちの中で、一風変わったお花見を楽しんでみてはいかがでしょうか。

ご紹介するのは、お花見が楽しめる紙の花「Magic桜」

魔法の水をかけると約12時間後に花が咲く(!)らしく、まさしく名前どおり“マジカル”な体験ができそうなんです。

【何もかもが不思議…!】

啓文社のオンラインストア「KEIBUNSHA ONLINE SHOP」で販売中の「Magic桜」は、紙製なのに本物の桜のような特性を持つ、摩訶不思議なアイテム。

専用トレイに紙製の桜の木を設置して、付属される魔法の水をかけると、1~2時間でふわふわの桜の花が咲き始めるといいます。

花が咲く範囲は、時間が経過するごと徐々に大きくなっていき、10~12時間で満開に!

花が芽吹き、咲き誇っていく様を延々眺めていられるというのは、なかなかオツなものですよねぇ。

【温度や湿度によって咲き方が変わるそうな】

これだけでも不思議に満ちていますが、なんと気候の変化・温度・湿度により咲き方が異なる(!)らしく、本当に摩訶不思議。

一体どういう仕組みなのか明らかにされていないので、謎は深まるばかりです。

なお、適切な温度は15~25度、湿度は40~60%とのこと。

植物を愛でるように、愛情をこめて見守ってあげてください……!

【咲いてから散るまですべてを堪能】

「紙に花を咲かせる技術」と「はなさかじいさんの桜を再現したい」という思いから生まれた「Magic桜」。

桜の花が満開になってからは、4週間ほど楽しめるといいます。

また咲いた花は、生活振動や風で少しずつ散っていく(!)らしく、最初から最後まで本物の桜とおんなじ。

「散る儚さ」は桜の魅力のひとつですが、ここまで再現度が高いとは想像だにしませんでした~っ。

こんなにもこだわりに溢れているのに、お値段は税込み880円とかなりリーズナブル。

自分用にはもちろん、プレゼントにしてもいいかもしれません♪

※別途、送料550円がかかります(5000円以上のご購入で送料無料)。

参照元:KEIBUNSHA ONLINE SHOPYouTubeプレスリリース
執筆:田端あんじ (c)Pouch

スライドショーには JavaScript が必要です。