【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、ネタバレありの本音レビューをします。

今回ピックアップするのは菅田将暉とFukase(SEKAI NO OWARI)が共演する最新映画『キャラクター』(2021年6月11日公開)です。公開初日に劇場で観てきましたよ!

漫画家と殺人鬼がお互いに刺激を与えあって、恐ろしい事態に発展していく様を描いたサイコスリラーです。では物語から。

【物語】

漫画家志望の山城圭吾(菅田将暉)は、絵は上手いがキャラクターが描けず、なかなかデビューに手が届きません。

ある日、師匠の漫画家から「幸せ家族が住む豪邸」のスケッチをしてくるように言われた山城ですが、その家で、家族4人の惨殺と犯人の両角(Fukase)を目撃! しかし、山城は警察に「犯人は見ていない」と嘘をついてしまうのです……。

【リアル殺人鬼を漫画にしてしまった主人公!】

結論を先に言いますと、凄く面白かったです! 予想を次々と裏切る展開の連続で、最後までハラハラドキドキが止まりませんでした。

恐怖の始まりは、山城が「犯人を見ていない」と嘘をついたときから。彼は、この残酷な事件が自分の漫画家として人生を花開かせてくれるかもしれないと思ったのです。

なぜなら彼はずっと漫画誌の編集者から「登場人物のキャラクタ―が弱い」と言われ続けていたから。その彼の目の前に殺人鬼・両角という強烈なキャラクターが現れたのですから「これだ!」と山城は興奮したでしょう。

山城は、両角そっくりのダガーという殺人鬼が犯していく猟奇的な犯罪漫画を描きます。しかし、これが大ヒットしたことで、両角に見つかってしまいます。彼はダガーは自分であると気づき、山城に接近していく……。ここから恐怖は加速していきます!

【助演として小栗旬も参戦!】

両角は山城の目の前に姿を現すと「先生の殺人漫画は、僕が再現したよ」と告白。

当然、山城は恐怖を感じます。それもそのはず、殺人鬼が目の前に出てきただけでも怖いのに、身重の妻(高畑充希)の存在まで両角に知られてしまい、気が気じゃないわけです。その恐怖の裏には、両角をモデルにした漫画で大成功したうしろめたさもあったと思います。

そんな山城の味方になるのが、この連続殺人事件を捜査している清田刑事。彼は山城の漫画のファンだったことから、殺人事件と漫画の関連性に気づくのです。

その清田刑事を演じるのは小栗旬! 菅田将暉、Fukase、高畑充希、小栗旬に加えて、清田に先輩刑事の真壁役として中村獅童も登場。豪華なキャストに大興奮です!

【菅田VSセカオワFukasの狂気バトル!】

とはいえ、いちばんの見どころはやはり菅田VSセカオワFukase。

Fukaseさんは、俳優デビューとは思えないほど両角という男を掴んでいて、感情のない空っぽな男の狂気をスクリーンいっぱいにぶちまけていて怖い怖い。若手の演技派俳優としてトップクラスの菅田将暉さんと対峙しても、一歩も引けを取らない存在感を放っていました!

一方、菅田さん演じる山城は、両角に翻弄されっぱなしなので受け身の芝居なのですが、彼の体験がらくる感情の流れと行動すべてが観客を恐怖の世界へと引きずり込んでいくので、その一挙一動は見逃せませんでした。最後まで作品をしっかりリードする力はさすがです!

【あの名作サスペンスを思い出す】

この映画は、ミスリードさせるような仕掛けを施していて、映画好きほどひっかかるのではないかと思います。

私は途中、サスペンスの名作『ファイトクラブ』を思い出したり、山城と両角の関係性がホラー映画『ミザリー』を彷彿させたり、後半「え~!まさか~!」という殺しがあったり、観ているこちらの感情がすごく揺れぶられました。もういろんな意味で本当に面白かったです。

ちなみに本作の永井聡監督は、菅田将暉主演のコメディ映画『帝一の國』の監督。『帝一の國』も傑作でしたからね、永井監督と菅田将暉さんは相性が抜群にいいのかも!

血の量はかなり多い映画ですが、意外と「残酷過ぎて無理!」という超グロテスクなシーンはなく、この作品ならではの美意識に貫かれているので、見やすいスリラーだと思います。

執筆:斎藤 香(c)Pouch

キャラクター
(2021年6月11日より、全国東宝系にてロードショー)
原案・脚本:長崎尚志
監督:永井聡
出演:菅田将暉、 Fukase(SEKAI NO OWARI)、高畑充希、中村獅童、小栗旬