ロングヘアのお悩みと言えば、やっぱりドライヤーがめんどくさいこと。

乾くのに時間もかかるし、不器用だとサロンみたいにブローするのは難しいし……毎日の小さなストレスです。

しかし、そんなお悩みを一気に解消してくれそうなへアブラシを見つけたので、実際に使ってみました!

【ドライ用のヘアブラシ】

そのヘアブラシとはアメリカ発の「Wet Blush(ウェット ブラシ)」

いろいろな種類のブラシが発売されているのですが、今回は髪を乾かすときに使うドライ用の「プロ フレックスドライ パドル」を購入しました。

特徴はなんと言っても風通しのよさそうなデザイン!

これならブラシの背からドライヤーをあてても、ちゃんと髪の毛に風が届きます。ブラシを内側から入れてドライヤーをあてるのって意外と面倒なので嬉しいです。

規則正しく並ぶピンは耐熱性なので、長時間ドライヤーをあててもOKだそう。

ドライヤー時間が短縮できるなら、ロングヘアの救世主になるのではないでしょうか!?

【軽くてからまないよ〜!】

さっそくお風呂上がりに使ってみると、まず嬉しかったのがブラシ本体の軽さです。とにかく軽いので、長い時間持っていても腕が疲れないのがラクでした〜!

そして何より、濡れた髪にブラシを通しても全然からまないんです。ピンがスッと髪の毛に通って、そのままサーッと毛先までとかせます。何コレ不思議!!

手ぐしでドライヤーをかけると、途中でからまって、ほどいて……の繰り返しだったので、からまりストレスから解放されただけでも感動でした。

【ブロー時間は意外な結果に】

ブロー時間も短くなったような気がしたので、同じ条件で手ぐしとウェットブラシそれぞれで「なんとなく乾いた!」と感じるまでの時間をはかって比較してみると……

なんとほとんど変わっていませんでした。

私の感覚だと、ブラシが軽くて手が疲れない&からまりをほぐす作業がないおかげか体感としては「いつもより早く乾いた!」と思っていたので意外な結果です。

【果たして仕上がりは?】

しかし、皆様に1番お伝えしたいのは仕上がりの差。

手ぐしだと髪の毛がバラバラの方向を向いて広がっていますが、ウェットブラシを使って乾かした髪は1本1本がまっすぐになって全体的にまとまりを感じられます。

どちらもさ〜っと適当にドライヤーをかけただけなのですが、ウェットブラシの実力を感じる仕上がりになりました。

【ロングヘアの人は1本欲しいレベル】

思ったよりもブロー時間に差は出ませんでしたが、そのほかの実力は素晴らしいです!

・ドライヤーのときに髪の毛がからまる
・不器用でまっすぐブローできない
・ブローしてもなかなか髪の毛がまとまらない

なんて方にはぜひ使ってみて欲しいです。特にロングヘアの方は1度使うと手放せなくなると思います。

お値段は2200円(税抜き)。全国のドラッグストアやネットで購入できるので、ドライヤーでお悩みの方はぜひ試してみてください!

参考リンク:wetbrush
執筆・撮影:五條なつき
Photo:(c)Pouch