10月は舞台女優の五條なつきが、毎週金曜日にハロウィンだからこそ楽しめる舞台女優のマスクメイク術「#マスクDEハロウィンメイク」をお届けしております♡

第2回は初心者にも挑戦しやすい「男装」のマスクメイクです!

メイクは顔だけでなく心も変える力があるので、演劇の世界だとメイクは役作りにとってものすご〜く重要。

普段はなかなか非日常メイクを楽しめる機会がないと思いますが、もうすぐハロウィン!

せっかくなので、2021年はマスクを生かしたハロウィンメイクを楽しみませんか? マスクがあれば、メイクも目から上だけでいいのでハードルもグッと下がるはず。

【初心者でもやりやすい男装メイク】

ひとくちに「男装メイク」といってもコスプレメイクやヴィジュアル系メイクなど、ジャンルは様々。

今回は手持ちのコスメを活用できる、THEシンプルなメンズメイクに挑戦してみたいと思います。

特別なアイテムがなくても気軽に挑戦できるので、おうちハロウィンメイクにもぴったりですよ〜!

【マット質感&肌なじみカラーを選ぼう】

今回アイシャドウとアイブロウに使うコスメはこちら!

・アイブロウペンシル&パウダー(髪の毛orウィッグの色に合うもの)
・アイシャドウ(マットなブラウンやグレーなどの肌なじみカラー)
・ハイライト(キラキラしすぎないもの)
・シェーディング

パールやラメなどキラキラした質感やカラフルなコスメだと女性っぽさが出てしまいます。今回はなるべくマットな質感で肌なじみのいいカラーを選ぶのが男装メイクのポイントです。

ベースもいつものコスメでOKですが、ツヤ肌だと女性っぽく見えてしまうのでパウダーでマット肌に仕上げておきましょう。

【直線を意識して仕上げて!】

今回のメイクの重点は肌なじみのいいマット系アイシャドウ

ブルベの私はロムアンド「ベターザンパレット」のオールマットカラー<04ダスティフォグガーデン>を使ってアイメイクしてみました。韓国コスメのアイシャドウはマットカラーが豊富なものが多いので、メンズメイクにもオススメです。

3色でグラデーションをつくったら1番濃いカラーをアイラインとして使うのですが……男装メイクのポイントは「直線」を意識してメイクすること!

舞台でも女役メイクだと目や眉などのパーツが丸いラインになるようにつくり込むのですが、男役メイクだと直線や角を強調するように工夫します。

<アイライン>目尻・目頭を延長するように横に長く描く。下ラインも目に沿わせるのではなく、横に大きく伸ばします。

<眉>眉も直線を意識します。眉山もキリッと角ばらせると男性らしく。

<シェーディング>眉下〜鼻横にシェーディングを入れて彫りを深くします。ちょっと濃いめに入れるぐらいでちょうどいいです。

<ハイライト>最後に目と鼻の間・目頭側の涙袋にハイライトを入れて明るさをプラス!

ビューラーやマスカラを使うと女性らしい丸い目になりやすいので、今回はあえてまつ毛はノータッチ。男性っぽいクールな視線を目指します。

【簡単に楽しめるハロウィンメイク♡】

あっという間に男装メイクが完成! もしあればメンズアクセサリーや黒いマスクを身につけると、よりメンズっぽい雰囲気が作れます。

いつもと同じコスメでも、ちょっと工夫するだけでかなり雰囲気の違う表情になれるのがメイクの楽しさです♪

特に今回は特別な道具は使っていないので、思い立ったらすぐに挑戦できるのもいいところ。

「ハロウィンは楽しみたいけど、何も用意してない!」なんてときにもぴったりのお手軽変身メイクなので、ぜひ理想のイケメン目指してメイクしてみてください♡

今年のハロウィンはぜひ、マスクをつけてメイクを楽しんでみてはいかがでしょうか? みなさまも「#マスクDEハロウィンメイク」でタグをつけてよかったら参加してみてくださいね。

次週はまたガラリと雰囲気の違うキャラクターのメイクをご紹介するので、引き続きお付き合いいただけると嬉しいです♡

ハロウィン度:★★
メイク難易度:★★
準備の大変度:★
(いつものコスメでも挑戦しやすいので、ぜひ試してみてください!)

参考リンク:rom&nd Qoo10公式サイト
執筆・撮影:五條なつき
Photo:(c)Pouch