この冬、東京・池袋にオープンする無印良品の新店舗「MUJIcom 東池袋」は、「食」をテーマにした地域密着型の小型店

できたてのお弁当&お惣菜を提供する、無印初の中食サービス「MUJI Kitchen」をはじめ、食にまつわる様々なサービスを展開するみたい。

レトルト食品の提供、卵1個から買える量り売り、地域に根付いたお店の紹介&商品の販売など、内容もりだくさん♪

こういうお店が近所にあったら、毎日通ってしまいそう……!

【日替わり弁当やお総菜を買える!】

2022年1月14日、池袋駅から徒歩15分のところにある、株式会社良品計画 本社ビル1Fにオープンする「MUJIcom 東池袋」。

同店の目玉は「MUJI Kitchen」! こちらでは、

・野菜中心の健康的な「日替り弁当」
・必要な分だけ購入できる量り売り惣菜
・気軽に手早く購入できるパック惣菜
・野菜をたっぷり食べられるサラダ

などを販売するほか、旬の野菜や果物、こだわりの乳製品&大豆製品、デザートに至るまで、幅広く取り扱うそう。

日替わり弁当は銀座店でも販売されていますが、味&栄養バランスがよく、彩りもよく、カロリーも低く、大満足の内容だったので、これは期待大です……!

【無印のレトルト食品を店内で!】

「MUJI Kitchen」では、玄米や白米などのお米や、卵(※1個から購入可能)の量り売りも行う予定!

さらに見逃せないのが「50種のごちそうレトルトバー」。

無印の人気商品「レトルトカレー」や「ごはんにかけるシリーズ」など、全50種類のレトルト食品を、温めて提供してくれるんですって。

ちょこっと小腹を満たしたいときにも最適で、至れり尽くせりす!

【どこかの誰かに1杯のコーヒーをプレゼント】

そのほか「MUJIcom 東池袋」では、

・地域と密接につながる「地域つながりスペース」の設置
・環境への取り組み(フードドライブ・給水サービス・容器の持参など)
・充実した品ぞろえの冷凍食品売り場
・注文商品を24時間受け取り可能な「商品受取ロッカー」
・「日替り弁当」の回数券(2300円で500円弁当を5回買える!)

といった試みを実施。

「地域つながりスペース」では、地元のお店を紹介するマップの掲示や紹介、代表商品などの販売も行うらしく、これぞまさしく地域密着店ですね!

またこちらでは、コーヒー1杯をお店を訪れたお客さんにプレゼントできる「つながるコーヒー」なるものを行います。

・コーヒーチケットをメッセージを添えて掲示板に貼り付ける→見つけた人がコーヒーを飲める

という仕組みらしく、誰でも参加可能! 足を運んだ際にはぜひ参加してみてくださいね♪

参照元:無印良品株式会社良品計画プレスリリース
執筆:田端あんじ (c)Pouch

▼地下鉄有楽町線東池袋駅6番または7番出口より徒歩約3分