「キリスト教」にまつわる記事

【素朴な疑問】カップル中心の日本のクリスマス、外国人はどう思う?

現在、海外在住の私。年の瀬になると、欧米人の友人から「今年のクリスマスは、帰国しないの?」という質問をよくされます「なんで、あえてクリスマスに帰国? 年末年始だったら分かるけど……!」と、不思議に思いますよね。

クリスマスはキリスト教徒にとって1年でもっとも大切な日で、家族や親戚と食事を楽しみ、みんなでのんびり過ごすのが定番。つまり、欧米人にとってのクリスマスは、私たち日本人にとってのお正月のようなものなんです。

だからでしょうか、外国人の友人たちに、日本のクリスマスについて話すと「えっ!」と驚かれることがしばしば。何がそんなに意外なの? というわけで、今回は海外の友人たちに、日本のクリスマスをどう思うか聞いてみました

→ 続きを読む

【異宗教の結婚】「尼さん」×「クリスチャン」の結婚生活を描いたエッセイ『聖♡尼さん』が慈悲深い…『聖☆おにいさん』の作者も推薦しています

親友同士のイエスとブッダが東京・立川の安アパートでルームシェア、下界でのバカンスを満喫するギャグ漫画『聖☆おにいさん』

2018年秋に動画サービス「ピッコマTV」で実写ドラマ化されることが決定し、イエスを松山ケンイチさんが、ブッダを染谷将太さんが演じること。そして製作総指揮を山田孝之さんが、監督・脚本を『勇者ヨシヒコ』シリーズなどで知られる福田雄一さんが務めることでも、大きな話題となっています。

ドラマの公開にあたってもう1度読み返してみようとAmazonを検索していたら……目に飛び込んできたのは、『聖♡尼さん』(春秋社)というタイトルの本。

→ 続きを読む

【日本未発売】ロクシタンの「クリスマス・クラッカー」が超キュート! 女子なら絶対うれしいコスメが飛び出してくるのだ

日本では恋人のイベントというイメージのクリスマスですが、ヨーロッパやアメリカなど、キリスト教圏ではどちらかというと家族で楽しむイベント。とってもアットホームな雰囲気なんです。クリスマスの当日は、ごちそうを用意して、プレゼント交換などをして過ごします。

当日のディナーテーブルを飾るのが、「クリスマス・クラッカー」と呼ばれるギフト入りのクラッカー。筒型をしたクラッカーの両端を引っ張ると、中からサプライズギフトが飛び出すという、なんとも楽しいクラッカーです。

女子に大人気のコスメブランド「ロクシタン」からも、クリスマス・クラッカーが登場しています。ただこの習慣になじみのない日本では未発売。どんなものなのかレポートすべく、フランスのデパートで購入してみることにしました!

→ 続きを読む

【衝撃】独特な髪型の「フランシスコ・ザビエル」あれは薄毛じゃないらしいゾ!!!!

歴史の教科書によく載っている、イエズス会の宣教師フランシスコ・ザビエルの肖像画って覚えていますか? そうそう、あの頭頂部が薄い……おっと、その認識、どうやら勘違いらしいのです。

→ 続きを読む