kon11
私の肌はまだ大丈夫だ…まだツヤツヤだ…何もしなくてもキレイってやつだ!

と、少し前まで呪うように思っていました。が、しかし!!

つい最近、会社にいくと「ほっぺから粉吹いてるよ? それってフケ?笑」と男性スタッフに言われてしまいました。フケなわけあるか!と、殴りかかろうと思いましたが、アラサーとして、そして大人の女として、そっとリップクリームで自分のほっぺを応急処置し、涙を拭きました。

なぜ、私の肌は砂漠のようにカサカサしているのか……!!

使っている化粧水が悪いのか、乾燥しているこの時期がダメなのか、使っているファンデーションがダメなのか、食べているものが悪いのか……色々悩んでいた私に救世主が現れました(というか調べて買いに行きました)。

それは100円ショップ・ダイソーで売られている「天然こんにゃくパフ」です。ズバリ使った結果を先に伝えると、たった108円で私の肌はモチッとツヤっとぷるるん♪と大変身。アラサーからJKに変化したんじゃないかってくらい、自分の肌の変化に衝撃をうけちゃったのです。

【優れもの…だけど入手困難】

こんにゃくパフは、水を含ませてから肌の上をクルクルすべらせるだけで、毛穴の汚れや角質を取ってくれる優れもの。ドラッグストアやお土産でも人気の商品です。

調べたところによると、ダイソーで売られている天然こんにゃくパフは2種類。ひとつは、白色で半球体。もうひとつは緑色で葉っぱような形をしています。どちらもお値段は、税込108円です。

しかし……どっちも売っていない! 私はダイソーのお店をいくつか回って、ようやく発見。しかし、売られていたのは、白色のこんにゃくパフがたった1個だけでした。
kon1

【使ってみた】

苦労して入手したこんにゃくパフを、お風呂タイムでさっそく使ってみることに。

水につける前のパフは、まるでヘチマスポンジのようにカッチカチです。触ってみるとデコボコした繊維質っぽいものを感じました。まず、これをパフ全体に水が染み渡るように優しくモミモミしながらふやけるのを待ちます。
111
そして、十分に水分を吸ったら、化粧を落とした後の肌にくるくるとこすり付けるだけ!

顔全体にプニプニしたこんにゃくパフをこすりつけている間……ぶっちゃけ、なんにも変わった気がしません。詐欺かな。大丈夫かな。
1
しかし、洗顔後に顔を触ってみると……ひゃーーーーーっ!!!!! 私の肌、すっべすべだーーー!!!

化粧水をつけてみると、しっとり感がまるで違う。塗りすぎたかなってくらいツヤモチぷるるん♪ 

どうやら不要な角質が取れたおかげで、化粧水の浸透がよくなったみたいです。次の日の朝もぷるるん肌はそのままキープ。化粧のノリも全く別物で、さわっているだけで「あぁこれが私の肌なんだね…」と幸せな気持ちになりました。
kon10

【難点は保管のめんどくささ】

しかしこんにゃくパフには、いくつか気をつけなければいけないところが

それは、保管方法がちょっと面倒なところと、1ヶ月程度しか使えないというところ。こんにゃくの繊維でできているので、使っていくうちにボロボロになります。おまけに管理方法を間違えると、カビが生える危険性も。使った後は、風通しのいい場所に置いておかなければなりません。

意外と管理がやっかいなうえに、1ヶ月後には捨てなければならない現実。私だったら高いものを買うよりも、100円ショップで買ったほうが、コスパもいいし、途中でボロボロにしても後悔しないなと思いました。

【見つけたら即ゲットせよ】

私はこんにゃくパフに出会ってからすっかりドハマリしてしまいました。しかし、最初にお伝えした通り、100均ではなかなか売ってません。もしお店で見かけたら、なるべく多めに購入しようと思います。

欲しいと思っているそこのあなた、見つけたら即ゲットすることをオススメします! でも、お肌に合わないと思ったら即中断してくださいね。

撮影・執筆=百村モモ (c)Pouch

▼こんにゃくパフ…こりゃ使えるで!
kon1

kon2

▼毛穴からポツポツと汚れが浮き上がっている私
kon7

▼洗顔!!
111

1

▼ツヤモチぷるるんになった(泣)
kon9

▼使った後は乾燥しておきましょう
kon6