東京・お台場の新名所「ダイバーシティ東京プラザ」前には、機動戦士ガンダムが立っています。長らくひとりで立ち続けていたのですが、このほど友達(?)ができました。緑化メッセージと緑のムーブメントを盛り上げる「TOKYO ガンダムプロジェクト2012」にちなんで、約1万株の植栽で構成された「フラワーガンダム」が姿をあらわしたのです。

これは実物大であり、立像と同じサイズ。その迫力はスゴイ! の一言のつきます。ですが、近づいてよーく見るときれいというよりも、吸い込まれそうでちょっとだけ怖いです……。

正式には「フラワーガンダム トピアリー」というそうです。トピアリーとは、植物を立体的に形作る造形物のことなのだとか。ガンダムプロジェクトのために、ベゴニア・百日草・メランポジュームなど、合計1万株を植えて一体に仕上げているようです。

記者(私)が現地におもむいた日は、あいにく雨が降りそうな空模様で、あたりはどんよりとしていたました。そのためか、色鮮やかなはずの花々も、やや暗く見えていました。きっと晴天の日には、美しく咲き乱れていることでしょう。できれば、春に見たかったとさえ思いました。

それにしても植木職人さんの腕前は、素晴らしいですね。隙間なく敷き詰められた花々は見事です。できるだけ、引きで撮影することをおすすめします。あまり近づくと、密集した花々に吸い込まれてしまいそう……。埋もれてしまいそうな感覚になるのは、記者だけでしょうか。とにかく、2012年10月28日までの期間限定ですので、お見逃しのないようにッ!

(文、取材=チャーミー)
参照元:フラワーガンダム トビアリー
[ この記事の英語版はこちら / Read in English ]

▼ こちらがフラワーガンダム。実物大だけあって、本家立像に負けない迫力

▼ 見てると何だか吸い込まれそうになります

▼ ツノの部分がワシャワシャとしてて……

▼ ちょっとだけ怖いような……

▼ これ、手です。やっぱ離れてみないと何がなんだかわかりませんね

▼ 高さ7メートル、幅10メートル。迫ってくるようです

▼ 背中も良く作りこまれていますね。職人さんに脱帽です

[ この記事の英語版はこちら / Read in English ]