アイスクリームやジェラートに、エスプレッソなどをかけて楽しむイタリア発のデザート、アフォガード。これを独自に進化させたメニュー、その名も「スノーアフォガード」が現在、ブレイクしているみたいなの。

このメニューを提供しているのは、米カリフォルニア州アーケーディアにあるカフェ「Cafe Maji」。お店の名前、さらには「スノーアフォガード」でインスタグラムを検索すると出てくる画像に、おそらくみなさまは度肝を抜かれるはず!

【綿あめがドドンと乗っかってるーーーっ!!】

深みのある平たいお皿にこんもりと盛られているのは、なんと「綿あめ」! 名前のとおり、真っ白な雪が降り積もっているかのように見える綿あめは、空に浮かぶ雲のようにも見えます。

【エスプレッソをかけた瞬間……】

この上に、熱々のエスプレッソをかけていただくのですが、そのとき繰り広げられる光景がとっても幻想的っ。

【綿あめがあっという間に無くなっていく】

厚みのある綿あめが、みるみる小さくなって、ついにはほとんどその姿を無くしてしまうという一連の流れは、まるで魔法。

綿あめが消えた後にようやく見えてくる、底に盛られたバニラアイスクリームを発見する喜びも、ひとつのお楽しみ。

一瞬で姿を消すというこの “儚さ” こそが、「スノーアフォガード」の大きな魅力なのであります。

【インドネシアにも同じメニューがあった!】

調べてみたところ、全く同じメニューが、インドネシア西ジャワ州ボゴールにあるカフェ「Warung Gumbira」にあることが判明。

さらに、同じくインドネシア・ジャカルタにあるジャパニーズスイーツカフェ(!)「しろくまカフェ」にもあるんだそうよ。

【オーストラリアにも非常によく似た一品が】

また、オーストラリア・メルボルンにあるカフェ「Hash Specialty coffee & roasters」には、綿あめにホットチョコレートをかけていただくという、「スノーアフォガード」に非常によく似たメニューが存在するみたい。

【ネットの声】

これら、大変珍しい「綿あめドリンク」を体験したみなさまは、以下、続々コメントを残されている模様です。

「クール!」
「近々行く」
「信じられないくらい美味しかったわ」
「なんて美しいの」
「なんなのこれ」
「ビックリした」
「いつもコーヒーは飲まないんだけど、トライしてみたわ」
「可愛い」
「魅力的なデザート。お気に入りのお店よ」

多くの女子の心を掴んで離さないビジュアルと、とろけるように甘いテイスト。コレきっと、日本でも流行るのではないでしょうか

甘党ではない記者(私)ですが、綿あめが溶けてゆくその姿をぜひとも、間近で見てみたいぞおおお!

参照元:Instagram / #snowaffogatoCafe MajiHash Specialty coffee & roastersCafe Shirokuma
執筆=田端あんじ (c)Pouch

▼まずはアメリカ「Cafe Maji」


▼続いて、インドネシア「Warung Gumbira」

▼でっかい綿あめがインパクト大! インドネシア「しろくまカフェ」


▼ホットチョコレートとの組み合わせにキュン♡オーストラリア「Hash Specialty coffee & roasters」

View this post on Instagram

What a beautiful fire hose .

A post shared by 👑 (@axtraordinaly_) on