ドイツ・ドルトムントを拠点に活動するフォトグラファー、Fotos Frei SchnauzeことChristian Vielerさんの被写体は、可愛い可愛いワンコたち。

しかしワンコの写真と言えど、 “フツーの状態” のワンコを撮影することは、あまりありません。

エサを投げ、それに対してどんな表情を見せてくれるのか。食に対して貪欲なワンコたちの姿を日々、彼は撮り続けているのであります。

【欲望むき出しです】

作品に登場するのは、ラブラドールなどの大型犬を筆頭に、中型犬から小型犬まで、ありとあらゆる種類のワンコ。個性豊かな顔ぶれながらも、食に対する姿勢は皆同じ。喜び、そして欲望をあらわにして、エサへとまっしぐら。

ここまで己の欲求に素直だと、逆に気持ちがいいわぁ!

【エサを前にしたときの表情の落差がスゴイ】

記者(私)のお気に入りショットは、頬がでれ〜んと垂れ下がった大型ワンコの様子をとらえたビフォーアフター写真。

普段からその表情なのか、ビフォーは「しょぼん」顔。にもかかわらず、エサが飛んでくるやいなや、目をカッと見開き “本能むき出し” 状態に。あまりに落差がありすぎて、思わず二度見しちゃいましたよ。

【こういう顔するよね】

犬を飼っている方ならばおそらく誰しも、「わかるわかる!」と首をぶんぶん縦に振ってしまうに違いない。

面白くって、同時に愛しくてたまらなくなる作品をもっと観たいというあなたは、Fotos Frei Schnauzeさんのフェイスブックおよび、インスタグラムをチェックしてみてくださいね。

参照元:Facebook(Fotos Frei Schnauze)Instagram(Fotos Frei Schnauze)
執筆=田端あんじ (c)Pouch

▼イイ顔してます