ゲーム実況プレイで人気のユーチューバー「マークプライヤー(Markiplier)」こと、マーク・フィッシュバッハ(Mark Fischbach)さんが、2017年12月19日、自身のツイッターに次のようなつぶやきを投稿しました。

「やあみんな。誰かフォトショップを使って、僕が山を押し上げているみたいに加工してくれないかな?」

こちらのつぶやきに添えられていたのは、マークプライヤーさん本人が、遠くの山々を背景に野原でポーズを取っている写真です。

【クソコラ祭りの開幕で~す!】

足を踏ん張って、両手で何かを抑えているような仕草を見せており、表情はどことなく苦しそう……。フォトショ職人の腕が鳴りそうなネタが投下されたことをきっかけに、ツイッターで突如、 “クソコラ祭り” の幕が切って落とされたのでありました。

【いろんな「山」をフォトショで再現】

山は山でも、90度角度を変え縦方向になった山を押し上げている写真に、山のような大男を押し上げている写真。さらには、炭酸飲料「 “マウンテン” デュー」を押し上げている写真に、線でテキトーに描いた山の絵を押し上げている写真。

職人のみなさんから寄せられた作品を眺めていると、山といっても、いろんなバリエーションがあるのだな~と、感心せずにはいられませんっ。

【みんな自由だな~】

もちろん寄せられたのは、「 “山” を押し上げる写真」だけにあらず

ピサの斜塔を支える写真に、犬と一緒に手と手を合わせた楽し気な写真。あとはなぜか、マークプライヤーさんの上半身だけをでっかく加工した写真などなど、みなさん好き放題やってくれていて、スクロールする手が止まらない~!

ポーズに注目したことで生まれた、まさかの構図とアイディアにじわり。こういったシュールな遊び方ができるのは、ネットならではですよね。マークプライヤーさん、今後もいいネタの投下、お待ちしておりますよ~!

参照元:Twitter @markiplier
執筆=田端あんじ (c)Pouch

▼元の投稿はこちら

▼職人のみなさんの力作の一部をご覧あれ~

▼山じゃなくて、でっかい岩を支えている作品も(お上手!)