Pouch では、これまでにさまざまなメイクを紹介していますが、なかにはメイクというよりも、“アート作品” と呼ぶ方がふさわしいものもあります。

カナダ・バンクーバーを拠点に活動するプロのメイクアップアーティスト、ミミ(Mimi Choi)さんの手がけたメイクは、シュールレアリスム要素がふんだんに取り入れられていて、まるで幻覚か、悪い夢でも見ているよう

実はミミさんのメイクは、以前にも取り上げています。それはサルバドール・ダリの銅像作品にインスパイアされたというもので、顔の真ん中に大きな穴がぽっかり開いているように見える、大変奇妙な作品でした。

今回紹介する作品も、見る者を不安と恐怖に陥れるといっても過言ではないんです。

【どの作品も不穏すぎるのですが】

ミミさんのインスタグラム(@mimles)を見ると、不穏な空気を放つ秀作がずらりと並んでいます。

【思い出しては、夜な夜なうなされそう…】

たとえば、目や鼻や口など顔のパーツが、液体のようにどろ~んと溶けたり、ゴムのようにびよ~んと伸びたりしているように見えるメイク。

2つの目が口になって(!)いて、顔の3カ所から舌がでろ~んと出ているように見えるメイク。

ほかにも、顔自体が “お面” のように見えるメイクや、顔やデコルテが果物の皮をむくようにらせん状に切れているように見えるもの。

顔全体がピクセル画みたいになっているメイクなど、どれもこれもクセがものすごい!

【動物メイクの怖さはピカイチです】

ホラー寄りのシュールなメイクが得意と思われるミミさんですが、わたしがとびきりの恐怖を感じたのは、実は動物メイクなんです。

人間の顔の上にリアルに描かれた動物の顔は、メイクというより、まるで動物がそのまま擬人化したかのよう。感情が全く読み取れない “無” の表情に背筋が凍ってしまいましたよ……。ハッキリ言ってこの方、唯一無二の天才だわっ。

紹介したミミさんの作品は、まだほんの一部。ぜひインスタグラムで、不思議なメイクの世界をご覧になってみてください!

参照元:Instagram @mimles
執筆=田端あんじ (c)Pouch

▼動物メイクが超ホラー

View this post on Instagram

This is #makeup • I’m not fat, I’m just fluffy. 🐼🐼🐼 PANDA FACE using @maccosmetics @maccosmeticscanada Chromacake and @kryolanofficial Aquacolor. My actual eyes were closed here and the panda eyes were painted underneath my real eyes. Took me 3 hours! _______________________________________ Some people ask me why I “waste” so much of my time doing these “pointless” creatives – it’s not wasting time if this is my career and it’s definitely not useless if it makes me happy. 😆 I’m a professional makeup artist, and I do makeup on people and teach illusions as a job! I paint during my free time as it’s also my hobby and challenging myself consistently is the only way I can improve as an artist. I’m very grateful that I get to do this as career because most of the time it doesn’t even feel like I’m working. My goal in life is to be able to look back when I’m old and be proud that I was once a crazy bitch. 🙏🏼

A post shared by MIMI CHOI (@mimles) on

▼すごい…でも怖い…!