セルビアの都市スメデレヴォを拠点に活動している、メイクアップアーティストでボディペインターの “Kika Studio” ことミルジャナ・キカ・ミロシェビッチさん。

キカさんは自らの身体をキャンバスとした “だまし絵” のような作品を得意としていて、以前 Pouch では、 “お腹を紐のようにしてキュッと結んで” いるかのようなボディペイントを紹介しました。

【イリュージョンのような「透明人間」動画は必見】

ここ最近の作品のなかで1番好きなのは、2018年3月3日に公開された動画。

映像の中のキカさんは透明人間になりきっていて、ビビッドなピンク色のTシャツとベージュのパンツを身に着け、優雅なティータイムの真っ最中。テーブルに置かれたカップを持ち上げては、ゴクゴクっと飲んでいるんです。それにしても、本当に透明人間がいるようにしか見えない……。

【不可思議な世界観が魅力です】

この他にもキカさんのホームページやインスタグラムにはずらりと作品が並んでいるのですが、パッと見ただけで、すさまじく高いボディペインティングスキルを持っていることが分かります。

たとえば、「絵がしゃべってる!」と驚くと、それはイラスト風のメイクをしたキカさん自身だったり。デコルテ部分に、いまにも吸い込まれてしまいそうな深~い穴が開いていたり。

体全体が紐みたいになってねじれていたり。首から上がなかったり、はたまた首と腕、胴体が、アームのようなものでつながれていたり……。

ボディペイントだとわかっていてもドキッとしてしまう作品ばかりで、思わず見入ってしまいます。

【ハロウィンに向けて練習してみる!?】

ホラー要素がふんだんに盛り込まれたキカさんのボディペイントは、ハロウィンなどのイベントにもピッタリなのではないでしょうか(気が早いかな?)。

特にリアルなガイコツメイクは、現在公開中の映画『リメンバー・ミー』を思い起こさせるので、まさに今年向けかと♪ 今から練習しておけばきっと、ハロウィンまでにバッチリ間に合うと思いますよーっ!

参照元:Kika StudioInstagram @kikastudio
執筆=田端あんじ (c)Pouch

▼奇妙で不気味だけどクセになる!

▼ハロウィンでマネするならこのあたりかな!? / 『リメンバー・ミー』風メイク

▼もいっちょ「ガイコツ」メイク

▼キラキラグリッターメイク