女性に月に1度やってくる生理。その間に身につけるサニタリーショーツといえば、汚れの目立たない暗い色や洗いやすいシンプルなデザインを選んでいる人も多いのでは?

でも、体調がすぐれない、おまけに気分もイライラしたり落ち込んだりする期間だからこそ、あえて気持ちを明るくしてくれるような下着を楽しむのもいいんじゃない?

そんな発想をカタチにしたのが、女性用サニタリーランジェリーブランド「K+1%(ケープラスワンパーセント)」。ファッション性と機能性を兼ね備えたアイテムで、ブルーな1週間も楽しく快適に過ごせそうです。

【デザインだけでなく機能性にもこだわりが】

「女性のKireiとKawaiiに+1%する存在でありたい」とのテーマを掲げて誕生した新ブランド「ケープラスワンパーセント」。水着やインポートランジェリーのようなおしゃれなデザインだったり、ブラジャーとショーツの上下セットでそろえられたりと、一見すると「え、これサニタリー用なの?」と驚くかも。


けれど、ショーツには生理用のクロッチが備えられ、ブラジャーはストレッチベロアを使った生地で胸の張りにも対応、ねじりのあるデザインにすることでトップを隠して透けづらいデザインに仕上げるなど、女性が気になるところはしっかりとカバーしています。

【展覧会付きの一般公開受注会も】

どんなブランドかまずは詳しく知ってみたいという方は、2018年9月15日・16日に東京・中目黒でおこなわれる一般公開受注会におとずれてみるのもオススメ。

こちら、世代別にイメージモデルとなるミューズを立て、従来の洋服の展示会ではなく、写真、映像、詩、アートなどを織り交ぜた展覧会を同時公開するというユニークなイベントとなっています。

【10月より公式サイトで先行発売!】

販売は公式ホームページにて10月から先行発売を予定。ブラジャー4500円(税抜)、ショーツは3500円(税抜)とお値段もお手頃です。色はブラック、スモーキーピンク、マスタードの3色展開となっているので、洗い替え用に色違いで買うのもアリですね。

「生理が来たからやむなくこのパンツ」から「生理が来たからこのランジェリー!」へ。下着を変えることで、皆さんもブルーデーを今より楽しいものにしてみては?

参照元:K+1%プレスリリース
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

▼ブラック、スモーキーピンク、マスタードの3色展開