冬の旅行といえば「温泉」。年末年始のお休みに宿を予約している人もいるかもしれません。

この冬、どこか温泉旅行に出かけたいと考えているならば、「じゃらん人気温泉地ランキング2020」が参考になるかも!

「もう1度行ってみたい」「満足度が高い」など、異なる視点のランキングが並んでいるので、選びやすいのではないでしょうか。

【みんなが「もう1度行きたい」温泉地はどこ?】

このアンケートは旅行サイト『じゃらんnet』の会員1万1488人を対象にしたもの。

個人的にもっとも注目したいのは「これまでに行ったことがある温泉地のうち “もう1度行ってみたい” 温泉地」ランキング。「また行きたい!」と思わせる温泉ということは、かなり信頼度が高いのではないでしょうか?

気になるトップ10は……次のとおり!

1位 神奈川県 箱根温泉
2位 群馬県 草津温泉
3位 北海道 登別温泉
4位 愛媛県 道後温泉
5位 大分県 別府温泉郷
6位 兵庫県 有馬温泉
7位 大分県 由布院温泉
8位 熊本県 黒川温泉
9位 静岡県 熱海温泉
10位 岐阜県 下呂温泉

というわけで、1位に輝いたのは箱根温泉。なんと14年連続と1位(!)ということで、人気の高さが伺えます。「温泉=箱根」というイメージは根強いものがありますよね。

ちなみに、1位の「箱根温泉」は「街の雰囲気が 好きだから」「交通の便が良いから」が5割を超えていて、そこが人気の秘訣になっているみたい。

【神7ならぬ「神10」!?】

なお、このランキングは6位と7位が入れ替わった以外は、前年と全く同じ結果なんだとか……。ほぼ不動って、このメンツ強すぎませんか!?

【満足度が高い温泉地は1位は「奥飛騨温泉郷」】

もうひとつ注目したのは「最近1年間に行ったことがある温泉地のうち “満足した” 温泉地」ランキング。

まず、1年間の訪問者100人以上の総合部門は

1位 奥飛騨温泉郷(岐阜県)
2位 野沢温泉(長野県)
3位 乳頭温泉郷(秋田県)

豊かな自然に囲まれた1位「奥飛騨温泉郷」には、平湯・福地・新平湯・栃尾・新穂高という5つの温泉地があります。奥飛騨温泉郷観光協会のホームページによると、秘湯も含めて “露天風呂天国” ということなので、露天風呂好きの人は行ってみるべ~し!

ちなみに1年間の訪問者50人以上100人未満のツウな秘湯部門

1位 湯平温泉(大分県)
2位 乗鞍高原温泉(長野県)
3位 龍神温泉(和歌山県)

という結果に! 人とは違う場所に行ってみたいという人や温泉マニアはこちらを攻めてみるのもいいかも?

参照元:プレスリリース奥飛騨温泉郷観光協会
執筆:田端あんじ (c)Pouch
Photo:ぱくたそ