ウェディングドレスと言っても、さまざまなデザインがあります。晴れ舞台で着るものだからこそ、自分らしさのあるデザインのものを選びたい……と考える人も多いはず。

ウェディングドレスコレクション「トモ・コイズミ・フォー・トリート・メゾン」から生まれたのは “和洋折衷” なドレス

パッと見た印象は西洋風のドレスだけれど、色合いやデイティールが “和” を彷彿とさせる、唯一無二のデザインとなっているんです。

【そこはかとなく漂う “和” の要素】

このたび発表されたのは、ウェディングドレス、カラードレス、ケープ、ベール、グローブといったアイテム。

ドレスの胸元や裾には、大輪の花が咲いたような装飾が施されていて、とてもロマンチック。

その一方で、白無垢を着る際にかぶる「綿帽子」のようなケープや、「着物」を連想させるフォルムのドレスがあったりと、いたるところから “和” を感じられます。

【ヘアメイクやスタイリングも “和” 】

今回のコレクションでは、日本の花嫁の伝統的な和装からインスピレーションを受けた「花嫁=Hana Yome」スタイルを演出しているそう。

そのためか、ドレスを始めとする各アイテムだけでなく、スタイリングやヘアメイクも和装寄り

日本髪のようなヘアも公開されているのですが、意外や意外、ドレスとよくマッチしているんですよね。

【「境界線を越えたドレス」です】

「トモ・コイズミ・フォー・トリート・メゾン」は、ウェディングドレスメーカーの「トリート・メゾン」とコスチュームブランドの「トモ・コイズミ」という2ブランドのコラボによって生まれたもの。

コンセプトは「ウェディングとファッションの境界線を越えていく」で、まさしく言葉どおりのラインナップとなっています。

2020年9月18日からコンセプトショップ「ミス・トリート」で取扱いを開始していて、2021年2月からは、全国の「ザ・トリート・ドレッシング」にも登場するそう。

ウェディングドレスを着る予定があるみなさんは、チェックしてみてはいかがでしょうか。

参照元:ザ・トリート・ドレッシングプレスリリース
執筆:田端あんじ (c)Pouch

スライドショーには JavaScript が必要です。