寒さ厳しい冬。今年は感染症対策で窓を開けているので、ただでさえ寒いオフィスが極寒です。

とくにツライのが下半身の冷え。どうにかならないものか……と、ドラッグストアであったかグッズを探す中、「おしり41℃」なるおしり専用カイロを見つけました。

なんでも尻に敷いて使うカイロのよう。珍しいのでさっそく買ってみましたぞ……!

【しりに敷くカイロ「おしり41℃」】

エステー化学が発売する「オンスタイル おしり41℃」。ドラッグストアや通販サイトでは850円前後で販売されています。

箱の中に入っているのは

・A4サイズのざぶとん
・使い捨ての専用温熱シート1枚

のふたつ。

正直「1000円近くするのに、温熱シートが1つしか入ってないのかよ……」と思ったことは否めません。

使い方は簡単で、薄いざぶとんについているポケットに温熱シートを入れて、おしりに敷くだけ。

説明書によると、保温性の高いざぶとんを通して温かさが広がり、約41℃の温かさが12時間続くそう。なるほど、ただの薄いざぶとんかと思いきや、特殊な素材でできているのか。

ざぶとんは裏表使えて、熱すぎるときはグレーの面を上にして使うこともできるとのこと。

【半信半疑で使ったら…】

おしりって体の中でもかなり肉厚な部分だし、温かさとか感じないんじゃないの〜? アタシのしりはデカイよ?と、やや半信半疑の私。

さっそく使ってみると、すぐに温熱シートの温度が上がり……

おしりがじんわりと温かくなってきました。

熱すぎずぬるすぎもしない、いい塩梅! 股間がHOT!HOT!ではなく、まるで冬の電車の座席のようなぬくもり。

そして驚くことに、ポカポカして下半身の冷えを感じなくなったのです。

いつも、腰にカイロを貼っても下半身が冷えてしまって、足先に靴下用カイロを貼っていたのに……。なんなら、そうしてカイロを貼っているときよりもしっかりと体が温まっている感じがします。

おしり用カイロ……めっちゃいい!

特にお腹が痛くなったり、体が冷えたりしがちな生理期間中にはものすごく便利なのでは……!?

そういえば、パンツに貼って使う「よもぎ温座パッド」を使ったときも体が温まったことを思い出しました。おしりの周りを温めるのって、冷え対策に効果的なのかもしれません。

【市販のカイロでも使えるのでは?】

モノはかなりいいけど気になるのは、使い捨ての専用温熱シートが1つしか入っていないこと。

6枚入りの取り替え用シートが250円前後で売ってるけど、通販以外だと時販売場所は限られています。

ちなみに専用温熱シートの見た目は、市販の貼らないカイロにそっくり

説明書に書いてある温熱シートのスペックも、

・最高温度65℃、平均51℃、持続時間18時間(40℃以上を保持し持続する時間)
・サイズ 12.5cm × 9.5cm

と、市販の貼らないカイロとほぼ同じ……。もちろん厳密にいえば違いがあるのでしょうが、もしかして、市販のカイロでも代用できるのでは?

というわけで、試しに市販のカイロを入れてみたところ、特に問題なく使えました。もちろん、メーカーがすすめる専用品を使うのがベストですが、温度やサイズが似たものであれば代用できると思います。

ちなみに、屋外でのイベントや、冬のドライブにもおすすめとのこと。今度、競馬場に行くときに持っていこうかな……。

おしりを温めることの効果に感動したので、下半身の冷えに悩む人にはおすすめです……!

参照元:エステー化学
執筆:御花畑マリコ  Photo:(c)Pouch