楽しい歌や体操で、世のちびっこたち、そしてパパママを楽しませてくれるEテレ『いないいないばあっ!』

2022年4月4日から、新曲「ピョンピョンアニマルパーティー」が披露されるそう!!

なんとこちら、ドイツの作曲家・ブラームスの名曲「ハンガリー舞曲第5番」を原曲にあの「ピコ太郎」が作詞したという、異色のコラボソングになっているんです……が!

実はこのタイトルにもある秘密があるって、皆さんは気づきましたか?

【ブラームスの名曲を大胆アレンジ!】

テレビCMや映画などでもよく使われている「ハンガリー舞曲第5番」。オーケストラでの演奏が重厚なイメージです。

そんな曲を「ピョンピョンアニマルパーティー」のために編曲したのはピコ太郎とも縁の深い古坂大魔王!

ということで、かなりポップでキャッチーなアレンジがされているのではと想像できます。

また、タイトルに「アニマル」とあるとおり、歌詞にはたくさんの動物たちが出てくる様子。

はるちゃん、ワンワン、うーたんがいろいろな動物たちとピョンピョン飛び跳ねているビジュアル画像からも、陽気で軽快な雰囲気がビシビシと伝わってきます。

静止画でもあふれ出るほどの躍動感……こりゃ早く動く姿を見てみたいよ~っ!!

【タイトルを略すと…?】

このニュースを見たツイッターユーザーからは

「タイトルが『ピョンピョンアニマルパーティー』 ぶっ飛んでる~」
「ピコ太郎さんが作ったとかいう、ピョンピョンアニマルパーティーあんな短時間しかまだやってないのにめちゃくちゃ食いついてて激しくピョンピョンしてはちゃめちゃに踊ってた! フルバージョン楽しみだなぁ~」
「古坂さんが作詞した曲、楽しみです 娘と一緒に跳ねます!」

などの声があがっています。

そして、中には “タイトルにまつわるあること” に気づいた人も。

「ピョンピョンアニマルパーティー」の頭文字をとってアルファベットにすると、

→P(ピョン)P(ピョン)A(アニマル)P(パーティー)

なんと「PPAP!」に……! ピコ太郎さんらしい遊び心にフフッとなっちゃいますね。

【ワンワンたちと一緒にピョンピョンしよ~っ!!】

過去にはつんくさんやゆずの北川悠仁さん、GReeeeNなども曲を手掛けている『いないいないばあっ!』。

ピコ太郎さん作曲の「ピョンピョンアニマルパーティー」は、いなばあのまたまた新たな扉を開いてくれそうです!

ちびっこたち、そしてパパママたちも、4月からはテレビの前でピョンピョン不可避ですねっ♪

参照元:Twitter @NHK_PRTwitter @kosaka_daimaouTwitter @pikotaro_ppap
執筆:鷺ノ宮やよい (c)Pouch

▼NHK広報局のツイートより

▼古坂大魔王「さあ、ちびっ子達よ…跳ねろお!」

▼ピコ太郎さんは「きゃぴー!!!」とひとこと