「アンケート調査」にまつわる記事

子どもが臨時休校中の親のリモートワークには課題が盛りだくさん…その実態がうかがえるアンケート結果が公表されました

現在、新型コロナウイルスの感染防止策として全国の小・中・高校で臨時休校措置がとられています。また一方で、普段は出社しているけれど現在リモートワークに切り替えて仕事をしている人も多いかと思います。

先日、公表されたのは「新型コロナウイルス感染拡大防止や臨時休校に伴うリモートワークに関する調査」の結果。これによると、ほぼすべての人が「子どもが近くにいる環境でのリモートワークには課題感がある」と答えたのだとか……。

「親子リモートワーク」をうまく行かせるためには、どのような対策や工夫をするのがよいでしょうか? これまでも子どもが家にいながら在宅ワークすることも多かった私の体験談も含め、ご紹介したいと思います。

→ 続きを読む

玉の輿に乗った女性に「結婚相手とはどこで出会った?」のアンケートが興味深い! 1位は「友人の紹介」でした

Pouchでも過去に取り上げたことがありますが、1月20日は「玉の輿の日」です。

祇園の芸妓・お雪がアメリカの大富豪J.P.モルガンの甥、ジョージ・モルガンと結婚したのがこの日だそうですが、皆さんの中には「玉の輿のエピソードはいいから、どこでそんな男性と出会えるかが知りたいんだ!」と思う方もいるかも。

そんな疑問に応えるような「玉の輿に関するアンケート調査」を見つけたので、ご紹介したいと思います。

→ 続きを読む

ワンオペ育児を卒業するには…? 夫婦で協力しあう「チーム育児」にまつわるアンケート結果が出てるけど…

すでに定着した感もある「ワンオペ育児」という言葉。ワンオペレーション、つまり一人ですべての育児や家事をこなさなくてはいけないことを指しますが、まさに今、この問題に直面している方も多いのではないでしょうか。

いっぽうで、ベビー用品メーカーのピジョンが提唱しているのが「チーム育児」なる言葉。夫婦をひとつのチームと考え、お互いのキャリアを尊重し合い、家事や育児の分担もおこなう家庭のことを言うのだとか。

できればチーム育児が理想だけど、ワンオペ育児からどうやって変えていけば……? 今回は、1才未満の子どもを持つ核家族の30代男女を対象におこなった「チーム育児に関する調査」をもとに、チーム育児を叶えるコツについて考えてみたいと思います。

→ 続きを読む

男性の好きな「女性の下着の色」ランキングが発表されたよ! 清楚な白や情熱の赤を抑えて1位になったのは…!?

皆さん、ふだんは自分の好みで選んでいるであろう「下着」。でもたまにはちょっぴり、気になってる異性やパートナーの目を意識して選びたいときもありますよね?

では、男性が好きな「女性の下着の色」って……? やっぱり清純そうな白? それとも女の子らしいピンク? 実はアンケートによると「黒」が1位であることが判明。それも僅差じゃなくて他の色を大きく引き離してダントツ人気なのです! これってちょっと意外かも……?

→ 続きを読む

初対面の相手に会う前にSNSで調べることを「第0印象」というらしい…! 今どきの恋愛はSNSから勝負が始まるみたいです

皆さんは「第0印象」という言葉をご存じでしょうか? 「第一印象は聞いたことあるけど、第ゼロって……!?」と思った方もいるのでは。

「第0印象」とは実際に対面する前に他人から持たれる印象のこと。事前にSNSで写真や動画を見られる現代ならではの言葉といえるかもしれません。

あるアンケート結果によると、恋人・パートナー探しでは、第0印象次第で会うか会わないかを決める人も多いんですって。第0印象、めちゃくちゃ重要じゃないですかーーーッ!!

→ 続きを読む

子供が嫌いな野菜はピーマンよりも「ナス」! 野菜嫌いな子供は成長すると改善されるなど、子供と野菜の調査結果が興味深いよぉ〜

野菜ぎらいの子どもを持つ、全国の皆さん~! 毎日のごはん作り、お疲れさまです。我が家の5歳になる息子もまぁ、苦手な野菜が多いのなんの。たくみに野菜だけ選り分けられた皿を前に、「どうすれば食べてくれるんや……」と遠い目をしてしまうこともしばしばです。

でも、この問題、悩みすぎなくてもよい場合も。今回ご紹介するカゴメがおこなった調査によると、子どもの野菜嫌いは年齢が上がるにつれて解消され、だんだん好きになっていく傾向にあるようなんです。これは野菜嫌いの子どもを持つ親にとっては、少し気がラクになるニュースかも。

→ 続きを読む

10代~70代に聞いた「お金をかけ過ぎで後悔したもの」ランキングが興味深い…! 1位の飲み代は「時間のロス」「胃と肝臓も悪くした」の声も

皆さんはこれまでに「あー、こんなにお金をかけなきゃよかったなー」と後悔しているものはありますか?

総合旅行プラットフォーム「エアトリ」が公表したのは「お金をかけて良かったもの・後悔したもの」調査に関する結果。

それによると「お金をかけて後悔したものの」の1位は男女ともに「飲み代」! いま「飲みに行かない若者が増えている」と言われていますが、もしかしたらその判断、長い目で見たらあながち間違いじゃないのかも……?

→ 続きを読む

【マジ!?】髪の毛を制する者は人生をも制す!? ヘアケアが上手な人は年収も高く友達も多いという調査結果にビックリ

美意識を高く持とうとすると、肌のお手入れ、体型維持、ファッション、メイクなど気にかけることは山ほどありますが、意外と後回しにしがちなのがヘアケアだったり

実は髪のマネジメントが上手な人は、そうでない人と比べて年収も高く友達も多いという調査結果があるのだとか! 髪の毛を制するものは人生すべてを制す……これってホント!?

→ 続きを読む

【切実】共働きママがいちばん欲しいのは「自由な時間」家庭での家事分担率は「ママ9:パパ1」がもっとも多い調査結果に

出産しても仕事復帰する女性が多い現代。共働きということは家事や育児についても夫婦で分担することが当たり前になるかと思いますが、では実際には皆さん、どのぐらいの割合で分担しているんでしょうか?

それがうかがえる調査結果があったので、ご紹介します。株式会社ベネッセコーポレーション発酵の主婦向け生活情報誌『サンキュ!』とP&Gが共同でおこなった、共働き家庭がかかえる課題についての調査

この結果を見てみると、なかなか切実というか、日々時間に追われるなかで仕事に育児にと奮闘している母親たちの姿が浮かび上がってくるんです。

→ 続きを読む

「お好み焼きはゴハンのおかずになるか問題」についに決着が…!? 全国で見ると過半数がおかずにして食べたことあるんだって!

たびたび熱い議論となる「お好み焼きやたこ焼きは主食かおかずか」問題。「小麦粉を使った料理だからご飯と一緒に食べたら主食がかぶる! よってナシ!!」派と、「いやいや、肉や野菜が入ったソース味だしおかずとして成り立つ! よってアリ!!」派とでまっぷたつとなるものですが……皆さんはどっち派?

この問題に一定の決着がつくかのようなデータをオタフクソース株式会社が発表しています。「お好み焼きやたこ焼きをおかずにご飯を食べたことがありますか?」というアンケートに対し、全国的に見ても半数以上の人が「おかずとして食べたことがある」と回答したそう。……えっ、マジで?

→ 続きを読む

落とし物にまつわるアンケートで「約9割が30歳になるまでに財布を落とす」ことが判明! 1万円以下なら警察に届けない人も一定数いるみたい

なくして初めて、大切なものに気づいたの……なんてよく言いますが、財布を落としたときのダメージって、他にはない破壊力があります。カバンに入れたはずの財布が、無い。あれ? ウソでしょ? ウソであってくれ! 背筋が一気に寒くなるあの感じは、失恋と並んで、2度と味わいたくないもののひとつですよね。

ソフトバンク コマース&サービス株式会社が、20代・30代・40代の男女500名を対象に行なった「落とし物に関する調査」によると、「過去に落としてしまったことがあるもの」という質問で、いちばん多かったもの1位は財布(48.2%)、2位は傘(42.8%)、3位が鍵(28.4%)という結果に。

そして財布を落としたことがある30代・40代を対象に、これまでの財布を落とした経験について質問したところ、30代を向かえるまでに、約9割が “ロスト財布” を経験しているようなんです!

→ 続きを読む

【超朗報】マスクをして受け取るとピザ全品41%オフ!! ドミノ・ピザで実施中の「マスク割」にはやさしい心遣いが隠れていた!

まだまだインフルエンザに感染するおそれがあるうえに、そろそろ花粉症が始まる今の時期。手放せないものといえば……そう、マスク! 「マスクがないと外に出られない~!」という皆さんも多い中、ユニークなサービスをおこなっているのがデリバリーピザチェーンのドミノ・ピザです。

3月11日までの間、マスクをして受け取るだけで、ピザが全品41%オフになるという「マスク割」を実施中ですよ~っ! マスク最強、マスク最高、マスクつけててよかったよぉぉーーーっ!!

→ 続きを読む

フルタイムの共働き夫婦の家事分担率、夫は平均で30%!? 実際はどうなのか周りの共働き夫婦にも聞いてみた!

女性の社会進出が進む昨今。昔は専業主婦が当たり前の時代もありましたが、現在では家庭における夫婦の役割分担もずいぶんと変化してきたことと思います。

このたび公表されたのは、2017年の夫婦の家事分担状況を調べたアンケート結果。それによると、共働きの夫婦で「妻がほとんどの家事を担っている」家庭は30%なのだとか!

「ちょっと男子~、もっと家事に協力してよ~!」なーんて思っちゃいますが、実際のところはどうなんでしょうか? Pouch 編集部周りにいる共働き夫婦にも聞いてみました。

→ 続きを読む

【本音調査】手をつなぐ、キス、一線を越える…どこから“付き合ってる”になる? 周りの男性陣にも聞いてみた結果

「付き合ってください!」「はい、よろしくお願いします!」……そんなやりとりでスタートすることばかりではないのが、大人の恋愛。「私たちって恋人同士なの?」なんてヤキモキする状況に陥った経験を持つ人は案外いるのではないでしょうか?

先日、映画好き女子が集うトーキョー女子映画部がおこなった「今どき女子の恋愛境界線」についてのアンケート調査。この結果を見ると、どんな行為があれば恋人同士と認識できるのか、周りの人たちの考えがわかるかもしれません。

→ 続きを読む

これがモテる酒かもっ♪ モテ女が好きなのは「ワイン」、モテ男は「焼酎」「ウイスキー」だって

ドラマや映画では、バーでお酒を飲む男女がなんとなくいい雰囲気に……な~んてシーンがよく描かれますが、実際のところそんな出会いに恵まれるモテ男やモテ女はどんなお酒を飲んでるんだろう~と思ったこと、ありませんか。

今回、ワイン情報サイト「ワインバザール」が行った調査で、お酒を飲む頻度と交際人数には関連性がみられ、そこからモテ女、モテ男の「好きなお酒」が判明しました!

→ 続きを読む

【買わなきゃ】「申年は赤い下着を身につける」といいらしい! 赤色が持つさまざまなパワーをご紹介します

来年は申(サル)年。ところでみなさん、申年には赤い下着を身につけるといいって、ご存知でした?

「ワコール」ウェブサイトによれば、「申年の申の日に赤い下着を贈られると健康に過ごせる」などの諸説が、古来より全国各地で言い伝えられてきた、とのこと。

そもそも赤い下着にまつわる効果はたくさんあって、「勝負運が上がる」「温かく感じる」「気合いが入る」など、みなさんも一度は耳にしたことがあることと思います。

せっかくですものこの機会、赤い下着を身につけることによって、健康にパワフルに2016年を過ごそうではありませんか!

→ 続きを読む

結婚への近道は早く相手を見つけること!? 結婚相手との出会い年齢・交際期間・結婚観を大調査!

既婚者の皆さんは、パートナーと何歳で出会い、どのくらい期間付き合って結婚しましたか? 結婚を夢見る女の子にとっては気になるポイントですが、結婚相手との出会い年齢や交際期間、結婚のイメージは、時代とともに大きく変わりつつあるようです!!

これは、GMOインターネットグループでインターネットリサーチ事業を展開するGMOリサーチが、同社のモニター(婚姻歴のある男女計2004名)を対象に実施した「結婚に関する実態調査」から見えてきたもの。今回はこちらの調査結果をご紹介。あなたの結婚観などと考え合わせながらチェックしてみて!!

→ 続きを読む

【モヤモヤを解決 】自分ってまだ「若手社員」? 何歳以上離れていたら「歳の差カップル」?

「今日は若手の飲み会があるんで」と誘いを断られた経験がある記者(私)。状況を理解するのに数十秒を要した記憶があります。

みなさんは「もしかして自分の感覚、世間とズレてる?」と気になったことはありませんか? 

「若手社員」って一体何歳くらいまでのことをいうのでしょうか? そもそも「新入社員」って入社何年目まで? 何歳以上離れていたら「歳の差カップル」って言われるの? 

本日は、そんな小さなモヤモヤを解決してくれる調査結果をご紹介します。

→ 続きを読む

あなたはどう思う? 独身男性の9割が結婚したら「イクメン希望」ということが判明

育児に積極的に参加してくれる男性という意味の「イクメン」という言葉は、日本の社会にかなり浸透してきているようです。

でも実際にイクメンになりたい人ってどの位いるのでしょうか。本日は、マッチアラーム株式会社が行った「イクメン」に関するアンケート調査の結果をご紹介します。

→ 続きを読む

【恋愛事情】もしも友達と同じ人を好きになってしまったら? 年代・性別・出身県によって意外な違いが明らかに!!

「誰かを好きになって、相手も自分の事を好きだということが判明し、若干バタバタしながらも無事に彼氏&彼女になる」

そんな心安らかなストーリー展開ばかりであれば、誰もつらい思いをせずに済むのでしょうが、残念ながらこの世の中、そんなに簡単ではありません。恋愛には思いも寄らぬトラブルが付きもの。例えば「友達と同じ人を好きになってしまってどうしていいか分からない」なんて経験はありませんか? そんな時、みんなは一体どうするのでしょうか?

というわけで本日は、アンケートサイト「みんなの声」で実施された「もしも友人と同じ人を好きになってしまったら」の結果をご紹介します。年代、性別、さらには出身県別でも大きな違いがみられ興味深いです。

→ 続きを読む

  1. 1
  2. 2