「最新シネマ批評」にまつわる記事

ひと足先に拝見した最新映画のなかから、おススメ作品をひとつ厳選して紹介しています。

【本音レビュー】映画『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』はペニーワイズが怪獣化!? ホラー映画のはずが…!

【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、ネタバレありの本音レビューをします。

今回ピックアップするのは映画『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』(2019年11月1日公開)です。スティーヴン・キングの原作を映画化した前作『IT/イット“それ”が見えたら、終わり。』(2017年)の物語から27年後。再び赤い風船を持った化け物ペニーワイズが登場し、大人になったルーザーズのメンバーを恐怖に陥れるのです。では物語から。

→ 続きを読む

【本音レビュー】20代と50代のウィル・スミスが戦う!? 映画『ジェミニマン』のCG技術がリアルすぎて衝撃的です

【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、ネタバレありの本音レビューをします。

今回ピックアップするのはウィル・スミス主演のSFアクション大作『ジェミニマン』(2019年10月25日公開)です。大ヒットしたディズニー映画『アラジン』のジーニー役で芸達者ぶりを見せてくれたウィルが本作で臨むのは、伝説のスナイパー。そのスナイパーと敵対するのが、なんと主人公の若い頃のクローン。つまり50代と20代のウィルが登場するのです! では物語から。

→ 続きを読む

ディズニー映画『マレフィセント2』の最強の敵はオーロラ姫の姑!! マレフィセントとの美魔女対決が壮絶です!

【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、ネタバレありの本音レビューをします。

今回ピックアップするのはディズニー映画『マレフィセント2』(10月18日公開)です。アンジェリーナ・ジョリーの当たり役となった本作。前作の『マレフィセント』よりもアクションがスケールアップしていて、ちょっとびっくりな展開でした。では物語からいってみましょう!

→ 続きを読む

映画『スペシャルアクターズ』は『カメ止め』上田監督の最新作! 気絶する主人公がカルト教団と戦う傑作コメディ映画です

【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、ネタバレありの本音レビューをします。

今回ピックアップするのは『カメラを止めるな!』の大ヒットでおなじみの上田慎一郎監督の最新作『スペシャルアクターズ』(2019年10月18日公開)です。

空前のヒットとなった『カメ止め』。日本アカデミー賞候補になったり、ブルーリボン賞作品賞を受賞したり、それはもうお祭り騒ぎでしたが、それだけに最新作はかなりプレッシャーがあったと思われます。さて、出来栄えは……これがめちゃくちゃ面白いんです!

→ 続きを読む

【ネタバレあり】もし自分以外ビートルズを知らない世界に迷い込んだら…? 映画『イエスタデイ』は奇想天外な音楽映画でした

【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、ネタバレありの本音レビューをします。

今回ピックアップするのは『イエスタデイ』(2019年10月11日公開)です。2008年『スラムドッグ$ミリオネア』でアカデミー賞作品賞、監督賞ほか8部門を受賞した英国の実力派ダニー・ボイル監督の最新作。なんとビートルズがいない世界へ飛び込んだ主人公が、サクセスしていくという奇想天外な作品です。

→ 続きを読む

松岡茉優・松坂桃李出演の『蜜蜂と遠雷』は音楽と人生の輝く瞬間を描いた傑作! 演奏シーンは鳥肌ものです!

【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、ネタバレありの本音レビューをします。

今回ピックアップするのは直木賞と本屋大賞をW受賞した小説の映画化『蜜蜂と遠雷』(2019年10月4日公開)です。

国際ピアノコンクールを舞台に、4人の若いピアニストたちの挑戦を描いた作品で、音楽と映像がこれほど見事にコラボした作品はあったでしょうか!ってくらい美しい映画でした。出演は松岡茉優、松坂桃李、森崎ウィン、そして広瀬すずにスカウトされて(!!)本作で俳優デビューしたという鈴鹿央士。では、物語からいってみましょう。

→ 続きを読む

【本音レビュー】何度も生まれ変わって愛犬と再会する…映画『僕のワンダフル・ジャーニー』のワンコの飼い主への愛の深さに涙が止まらない!

【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、ネタバレありの本音レビューをします。

今回ピックアップする映画は『僕のワンダフル・ジャーニー』(2019年9月13日公開)です。本作は2016年の大ヒット作『僕のワンダフル・ライフ』の続編

前作ではイーサン少年の愛犬ベイリーが生まれ変わって、大人になったイーサンに会いに行くという物語で、犬好き大号泣の映画でした。続編の主人公は愛犬ベイリーと、イーサンの孫娘。良いですよ~!というわけで、では物語からいってみましょう。

→ 続きを読む

【本音レビュー】普通のOLが突然歌って踊る体に!? 映画『ダンスウィズミー』は和製ミュージカル映画だけど…!!

【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、ネタバレありの本音レビューをします。

今回ピックアップするのは、矢口史靖監督の最新作『ダンスウィズミー』(2019年8月16日公開)です。『ウォーターボーイズ』『スウィングガールズ』などの矢口監督の最新作として話題の作品。音楽が聞こえると踊りだしてしまう催眠術にかかったヒロインの映画と聞いて、「見たことのない世界が展開するのかな?」と、ワクワクしながら鑑賞しました。

→ 続きを読む

【映画レビュー】超実写版『ライオン・キング』は脅威の映像美! 本当にアフリカにいる気分になるけど物語は少し惜しい部分も…!

【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、ネタバレありの本音レビューをします。

今回ピックアップするのは『ライオン・キング』(2019年8月9日公開)です。今年に入ってディズニー・アニメーションの実写映画は『ダンボ』『アラジン』に続いて3作目。でも本作はただの実写映画ではありません。なんと超実写映画!

では、まず物語からいってみましょう。

→ 続きを読む

2019年版「カメ止め」と話題の傑作映画『メランコリック』とは!? 銭湯の死体処理が主人公の青春に…!?

【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、ネタバレありの本音レビューをします。

今回ピックアップするのは映画『メランコリック』(2019年8月3日公開)です。監督・脚本・編集は田中征爾さんで、本作が長編映画デビューの新人監督。キャストも初めて拝見する俳優さんばかり。でもすごくいい、面白い! 

昨年『カメラを止めるな!』が受賞をしたウディネ・ファーイースト映画祭新人監督作品賞を受賞しており、2019年の『カメ止め』になるかもしれません!というわけで、ご紹介したいと思います。

→ 続きを読む

菅田将暉と田中泯の演技力が凄まじい…映画『アルキメデスの大戦』は残酷シーン無しの頭脳がメインの戦争映画です

【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、ネタバレありの本音レビューをします。

今回ピックアップするのは菅田将暉主演作『アルキメデスの大戦』(2019年7月26日公開)です。戦争映画なのですが、実にユニークな角度から戦争を描いた作品です。キャッチフレーズは「これは、数学で戦争を止めようとした男の物語」。

菅田さんが演じるのは数学の天才で、武器は理数系の頭脳というのがおもしろいんです! では物語から。

→ 続きを読む

新『チャイルド・プレイ』はチャッキーがAI搭載の人形に…! 人間の影響で殺人ドールになる現代的なホラー映画です

【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、ネタバレありの本音レビューをします。

今回ピックアップするのは殺人人形を描いたホラー映画『チャイルド・プレイ』(2019年7月19日公開)です。1988年に大ヒットした同名映画のリブート版。少年がプレゼントされた人形「チャッキー」が殺人を繰り返すというベースは一緒ですが、チャッキーは進化してハイテクなAI人形になっていたのです! これがなかなかクセ者でして……。では物語からいってみましょう。

→ 続きを読む

香取慎吾の鬼気迫る演技に圧倒される…! 映画『凪待ち』は監督白石和彌が引き出した香取慎吾の熱意と才能を感じる名作です

【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、ネタバレありの本音レビューをします。

今回ピックアップするのは香取慎吾主演映画『凪待ち』(2019年6月28日公開)です。映画『孤狼の血』『彼女がその名を知らない鳥たち』など、見ごたえある人間ドラマを描いてきた白石監督が香取慎吾さんをどう魅せていくのか……。興味シンシンで公開初日に劇場で鑑賞してきました! では物語から。

→ 続きを読む

映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』が面白すぎる! 恋したり世界を救ったり大忙しの活躍に大興奮!

【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、ネタバレありの本音レビューをします。

今回ピックアップするのは、話題作『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』(2019年6月28日公開)です。なんと日本が世界最速の公開だそうですよ!

今回の『スパイダーマン』の新作は、あの大ヒット作『アベンジャーズ/エンドゲーム』その後の世界。ゆえに、最初から『アベンジャーズ/エンドゲーム』のネタバレをしているという……。なんと大胆な! では物語から。(『アベンジャーズ/エンドゲーム』を未見の方は要注意!)

→ 続きを読む

【本音レビュー】映画『メン・イン・ブラック インターナショナル』は今までの『MIB』ユーモアが物足りない…!

【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、ネタバレありの本音レビューをします。

今回ピックアップするのは『メン・イン・ブラック:インターナショナル』(2019年6月14日より公開)です。『メン・イン・ブラック』(以下『MIB』)といえば、トミー・リー・ジョーンズとウィル・スミス共演のSFコメディアクション映画として有名。ウィル・スミスは『MIB』でスターになったようなもんですからね!

その二人から『MIB』を受け継いだのは『マイティ・ソー』シリーズのクリス・ヘムズワースと『マイティ・ソー バトルロイヤル』のテッサ・トンプソン。本作を公開初日に劇場で観てきました! では物語から。

→ 続きを読む

【ネタバレあり】映画『貞子』を本音レビュー! 前半の火災現場の心霊動画がとにかく怖いけど後半は…

【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、
ネタバレありの本音レビューをします。

今回ピックアップするのは映画『貞子』(2019年5月24日公開)です。日本一怖い怨霊として存在する貞子を生んだホラー映画『リング』の中田秀夫監督が、シリーズの最新作として新たな恐怖を演出したのが『貞子』。あの名作『リング』を超えるか? 公開初日に見に行きました! では物語から。

→ 続きを読む

映画『コンフィデンスマンJP』は壮大な詐欺テクニックがスゴイ! 最後のどんでん返しが痛快です

【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、ネタバレありの本音レビューをします。

今回ピックアップするのは映画『コンフィデンスマンJP』(2019年5月17日公開)です。フジテレビの月9ドラマとして人気を博した信用詐欺師(コンフィデンスマン)のトリオを主人公にしたコメディドラマの映画化。本作はドラマよりも詐欺のレベルがスケールアップしており、めっちゃ楽しいですよ! では物語から。

→ 続きを読む

世界を泣かせた天才子役・寺田心くんの演技に注目!『ばあばは、だいじょうぶ』は心あたたまるストーリーです

【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、ネタバレありの本音レビューをします。

今回は映画『ばあばは、だいじょうぶ』(2019年5月10日公開)です。

ブックオフのCMが超話題の寺田心くんは、本作でミラノ国際映画祭最優秀主演男優賞を受賞しました! 原作は同名の絵本。おばあちゃんの認知症を孫目線で描き、寺田心が本領発揮の名演を見せる感動作です。

→ 続きを読む

映画『名探偵ピカチュウ』を本音レビュー! 超可愛いピカチュウがおっさん声で芸人レベルのマシンガントークを繰り広げます

【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、ネタバレありの本音レビューをします。

今回ピックアップするのは話題作『名探偵ピカチュウ』(2019年5月3日公開)です。世界的に人気の「ポケットモンスター」ですが、なんとピカチュウがハリウッドで実写映画化されたのです。しかし、予告編を見てビックリ。ピカチュウの声がオッサンなんですけど!

私はこの声に衝撃を受けたのですが、この映画の元になったゲーム「名探偵ピカチュウ」に出てくるピカチュウはオッサンという設定なんだとか。アニメ「ポケットモンスター」シリーズでいつもサトシと一緒に行動するピカチュウとは違うんですって。

……というわけで物語から。

→ 続きを読む

【本音レビュー】ピエール瀧出演『麻雀放浪記2020』は斎藤工主演でベッキー、舛添要一などが出演! 撮影はiPhone8など攻めた映画でした

【最新公開シネマ批評】
映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、ネタバレありの本音レビューをします。

今回ピックアップするのは映画『麻雀放浪記2020』です。本作はピエール瀧が出演している作品ですが、配給の東映は協議を重ねた結果、ピエール瀧の出演シーンをカットすることなく劇場公開に踏み切りました。(公式サイト参照)。賛否両論あるかもしれませんが、個人的には作品に罪はないのでこの決断は良かったと思います。

本作は阿佐田哲也の原作小説をベースに大胆に脚色した新時代の「麻雀放浪記」です。では物語から。

→ 続きを読む

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. ...
  9. 21