「編み物」にまつわる記事

背景と同化させる「トリックアート風ニット」を作るアーティストがすごい! タイルや自然も編み物で再現しちゃうよ

これから寒くなると、ニットが恋しくなる季節。今回は思わず「これってどうなってるの!?」と叫ばずにはいられない、トリックアートのような編み物作品ををご紹介します。

作っているのは、イギリスを拠点に活動する写真家ジョセフ・フォード(Joseph Ford)さんとニットアーティストのニーナ・ドッド(Nina Dodd)さんというふたり。ニーナさんが服や小物をニットで編み、それをジョセフさんが撮影しているんです。

“編み物のプロ”なんてレベルを超えて、“編み物の魔術師”ともいうべき超絶作品の数々、皆さんもぜひともご覧あれ!

→ 続きを読む

リラックマの「あみぐるみキット」が罪深い可愛さ! 簡単な “こま編み” だけで完成しちゃいます♪

Netflixでオリジナルドラマが放映されるなど、このところ人気が再燃中の “リラックマ” 。

そんなリラックマをモデルにした “あみぐるみ” を作れるキットが、フェリシモの手作り雑貨ブランド・クチュリエに登場しています。リラックマのほか、コリラックマとキイロイトリも作ることができるのですが、どの子も言葉を失うほどのかわいらしさ……!

→ 続きを読む

5才の少年が編み物スタートした結果…11才で名人の域に! 手袋からブランケットまでなんでも作っちゃう実力をご覧あれ★

11歳の男の子、ジョナ・ラーソン(Jonah Larson)くんは、かぎ針編みの天才であり名人。

一体どれくらい “名人” なのかというと、ニットキャップを46分大きめのブランケットを5時間ほどで編み上げてしまう(!)ほどなんです。

オリジナリティあふれるデザインと色使いで数々の作品を発表し、今では、世界中からオーダーやファンレターが届くほどの「人気かぎ針編み作家」になっています。

→ 続きを読む

リカちゃん人形のお洋服を「かぎ針編み」で作れる本が発売! コスプレ風ファッションから王道の和服まで幅広く網羅されています

子どもの頃からおなじみのきせかえ人形といえば、リカちゃん。最近ではハズキルーペCMをSNSで再現して、世間の注目を集めましたよね。今回ご紹介するのは、そんなリカちゃんがフィーチャーされた “編み物の本” です。

2018年12月18日に発売された『週末で編めるかぎ針編み 夢見るリカちゃんのコーディネートブック』は、かぎ針で編むリカちゃんの着せ替え本第2弾。

第1弾『週末で完成!かわいいかぎ針編み リカちゃんのオールシーズンクローゼット』が好評だったことを受けて制作されたようで、Amazonの編み物ジャンルで売上第1位を獲得するなど、人気となっているんですって。

→ 続きを読む

着ぐるみ風のキッズ用ハロウィン衣装がジワる… ホラー映画のピエロからE.Tまであって不気味かわいいです

気がつけばもうすぐそこまで、ハロウィンが迫ってきています。

我が子のために、キッズ用コスチュームを用意しているというパパさんママさんも少なくないと思うのですが……。

「他の子とは一線を画した衣装を着せたい!」と思うのなら、手編みの着ぐるみ風コスチュームなんていかがでしょうか?

→ 続きを読む

ベルにシンデレラ、ラプンツェル…かぎ針編みで自分で作るディズニープリンセス風ブランケット

これから夏が終わり、秋、冬となってくると、やりたくなるのが「編み物」。今年はかぎ針編みにチャレンジしたいな~なんて思っている人もいるのでは?

そんな皆さんにオススメしたいのが、ディズニープリンセスのドレスを思わせるブランケットです。

ベルにシンデレラにラプンツェル……見慣れた彼女たちのドレスも、かぎ針編みのクロシェになるとまたひと味ちがったイメージに!

→ 続きを読む

「ジョーズ」の恐怖シーンを再現したサメのハンドメイド作品がキュートすぎます / 編み物と刺繍を組み合わせる発想がミラクルです!

海で遊んでいるときに、絶対に出会いたくないもののひとつがサメです。映画「ジョーズ」に出てくる巨大なサメとかマジで勘弁してくださいよ……って感じだし、チョー怖いですヨネ!

しかし、ただいまTwitter上で話題になっているサメをモチーフにしたハンドメイド作品は、立体的なのにぜんぜん怖くないしむしろかわいい! これはナイスアイデアだわ!

→ 続きを読む

ニットを編んで完成させた “お菓子の家” やシリアルに刺しゅうした作品(!)など、ニットにまつわる衝撃的な作品を紹介しているウェブサイト「KnitHacker」。

目を見張るようなニット作品がずらりと並ぶ中、特に度肝を抜かれたのが、ニットを編む要領で作られたアップルパイです。もちろん、食べられます!

→ 続きを読む

超極太な毛糸と編み棒で作る「ジャンボニット」がこの冬ブームの予感! 篠原ともえさんもハマってるみたい♡

2015年にPouchで紹介した、腕ぐらいの太さの編み棒と指3本分ぐらいはありそうな太さの毛糸で編んだニット類。ここまでビッグではないものの、ジャンボニットのブームがいま日本にも来ているみたい!

編み物や手芸などの総合メーカー「クロバー」が提案しているのが「もっと Jumbo Knit プロジェクト」。超極太毛糸とジャンボ編み針で作品を作る「ジャンボニット」にハマる人たちが増えているんです。

→ 続きを読む

夏こそ編み物の季節だと!? 「麦わら帽子」「かごバッグ」「麻ひもバッグ」は編んで手作りできるのです

編み物といえば冬のイメージ。「好きなひとに手作りマフラー!」な~んて想像しちゃいますが、実は夏もアツいって知ってましたか。

夏の定番アイテム「麦わら帽子」「かごバック」「麻ひもバッグ」などを編める毛糸が登場して、ハンドメイド女子たちの人気を集めているのですっ。

→ 続きを読む

「穢れた血」「死者の軍隊」「恐ろしい物語の記憶」など中二病っぽいセンス炸裂な毛糸が海外で話題に

編み物などをするときに使う毛糸。カラーや太さなどさまざまな種類があって、どの毛糸を使うか選ぶ時間も楽しいんですよね。

こうした毛糸の多くは可愛かったり、オシャレだったりな名前がつけられているものですが、今回ご紹介するのはちょっと違うのです。

海外サイト「Mashable」などで話題となっているのは、ビミョーすぎるネーミングがつけられている毛糸! 

「穢れた(けがれた)血」「夢の中で自己喪失」などなど……うん、マジでビミョーだわ。

→ 続きを読む

なにこれ斬新! スイスの現役美大生が考案した「新聞を読みながらニット帽が編めるロッキングチェア」がめっちゃ楽しそう!!!

新聞を読む、ニット帽を編む、ロッキングチェアでゆらゆらリラックスする。のんびり過ごす休日にぴったりなこの3つのことを、同時に行えるロッキングチェアをスイスにあるローザンヌ美術大学の学生さんが考案したよ!

作ったのはダミエン・ルディさんとコリン・ペイレックスさんのふたり。大学のワークショップ内での作品だそうですが、完成度も高めで需要もありそう! 何よりすごくワクワクするアイデアなんです。

→ 続きを読む

【キモカワ】あまりの「リアルさ」にみんながビビった!!! オランダの編み物作家が本気でリアルを追求した「ニット息子」

「ヘンテコでリアル」そんなテーマを掲げるオランダの編み物作家のMarieke Voorsluijsさん。

これまでに、ハムやパスタ、シャンパンなどをちょっと変わった題材を編み物で表現してきましたが、最近、男の子をモチーフにした「My knitted Son(ニット息子)」という作品を完成させました。

リアル感を出すために次男に着せて屋外で撮影した写真が、あまりにリアルすぎて「不気味」と話題になっています。

→ 続きを読む

【おかんアート】笑激… お祖母さんが作る「毛虫のようなプーさん」が可愛すぎてジワジワくる〜!!

本日ご紹介するのは、今twitterで話題になっている、毛糸で編まれたプーさんのような毛虫さん……、いや、毛虫さんのようなプーさん…… うーん、どちらに分類してよいのか分からないけれど、とにかく見れば見る程ジワジワくる、可愛らしい物体でございます。

→ 続きを読む

座っているだけでニット帽の原型が編みあがるイス登場!頭上から下りてくる様子がシュールすぎて笑える

寒い季節が到来して、そろそろ防寒グッズが恋しくなるこの時期。たとえばニット帽なんか、あったかい上に可愛い、真冬の必須アイテムですよね。

そこで今回みなさまにご紹介したいのが、海外サイト『ecal.ch』に掲載されていたとってもユニークなロッキンチェアー、その名も『ロッキングニット』。一見すると、まるで一人用のブランコみたいなこちらの商品、なんと座って揺れているだけでニット帽を編んでくれるというのです!

→ 続きを読む

おじいちゃんが作ったとは思えないっ!「ハンバーガー」「パフェ」などジャンクでキュートな編み物アート

ちょっと前に流行った、編んで作るぬいぐるみ、編みぐるみ。みなさんは覚えていますか? この方の作品をみていると、記者はどうしても編みぐるみを思い出さずにはいられなくなっちゃうんですよねぇ……。

今回ご紹介するのは、編んでなんでも作ってしまう、サンフランシスコ出身の編み物アーティストEd Bing Leeさん。作品から察するに女性かフェミニンな男性を想像していたら、なんとLeeさん、79歳のおじいちゃんっ。この事実、なんだか逆に萌える!

→ 続きを読む