「色鉛筆」にまつわる記事

色鉛筆でギターを作ってみたら…できあがりがスゴかった! 「色鉛筆DIY」が流行りつつあるようです

前代未聞の材料を使って、世界にひとつしかないギターを作り上げたのは、アーティストのBurls Artさん。

その材料とは “色鉛筆” 。用意した本数、なんと1200本! 海外サイト「Bored Panda」に掲載されたインタビューによれば、Amazonでいちばん安かったものを購入し、すべてを約5cmに切りそろえたといいます。

色鉛筆をどんどんカットしていくという地道な作業を経て、ようやく下準備が完了。用意した木箱の中にワックスを塗り、その中へ規則正しく色鉛筆を並べ、最後にレジンを投入したら、あとは全体が固まるのを待つばかりです。

→ 続きを読む

【神才能】ロンドン在住アーティストのリアルで美しい「人物画」!!! 息遣いまで聞こえそうな写実ぶりと絵画ならではの存在感はまさに圧巻

これまで Pouch でもたくさんご紹介してきた、 “神レベルの絵師” と呼ばれるほどの画才の持ち主たち。ここ最近では、日本に住む16歳の男子高校生が色鉛筆で描いたユキヒョウの絵が、ツイッターで大きな注目を集めていました。

今回ご紹介するのは、独学で絵を学んできたというイギリス・ロンドン出身のアーティスト、グルクバール・シン・バチュ(Gurekbal Singh Bhachu)さん。

作品のモデルは歌手のリアーナさんにラッパーのドレイクさんなど名だたる著名人たちで、どの作品も写真のような趣き。体温が感じられるほど、息遣いまで聞こえてきそうなほどにリアル、さらにそこに絵画ならではのインパクトが加わっていて、もう本当に素敵なんです。

→ 続きを読む

どっちが絵でどっちが写真か分かる? 色鉛筆で人物や風景を写真のように描き出すアーティストに驚愕!

Pouchではこれまでも何度か鉛筆でリアルな人物画や風景画を描く人を紹介してきましたが、またまた、というかこれまで以上ともいえる逸材を発見しちゃいました!

アメリカ人女性アーティストのHeather Rooney(ヘザー・ルーニー)さんは色鉛筆で本物そっくりの絵を描くスペシャリスト。それはもう「これは写真だよ」と言われてもたぶん誰もが信じてしまうほどに!

色鉛筆で描いたとわかっていても、見れば自分の目を疑い、頭の中がこんがらがってしまいそう。とにかくそれほどに、どこをどう取ってもリアルなんです!

→ 続きを読む

ふわっふわの食べられる「色えんぴつ」が大阪で発売されたよ / マシュマロとロールケーキでできているんだって♪

おもたせを選ぶ際に大切なポイントは、まず第1に「美味しい」こと。そして第2に「テンションが上がるビジュアル」であること。特にビジュアルに関しては、女性が多い集まりなんかでは重要ポイントになりますよね。

2017年7月1日、大阪新阪急ホテルのベーカリー&カフェ「ブルージン」で発売されたのは、色えんぴつそっくりな新作ケーキ「色えんぴつろーる」

→ 続きを読む

世界の「はだいろ」ってこんなにも色とりどり! イタリアのメーカーによる「いろんな肌色を集めた色鉛筆セット」

昔は色鉛筆は絵具にかならずといっていいほど入っていた「はだいろ」。これ、最近ほとんど見られなくなっていることをご存じでしょうか。

これは、世界にはさまざまな肌の色の人がいることから、ひとつの色を「はだいろ」とするのはよくない、という考えにもとづくもの。かつての「はだいろ」は近年、「ペールオレンジ」「うすだいだいいろ」などに変わっているようです。

そんななか、「はだいろ」が再び脚光を浴びています。画材を扱う老舗「田中金華堂」が、ある珍しい色鉛筆セットをTwitterで紹介、これが話題になっているのです。

それは、「肌色色鉛筆12色セット」。さまざまな人の肌の色をイメージした、12色の色鉛筆セットなんです!

→ 続きを読む

大人気の「500色の色えんぴつ」第4弾のテーマが素敵すぎる / 「この世に存在するすべての幸せ」を色で表現したんだって!

「大人のぬり絵」を楽しむときに、欠かせないのが色えんぴつです。定番の色のほか微妙な色合いのものも販売されていて、いろんなぬり絵に挑戦したくなっちゃいます。

ただいま、フェリシモでは「500色の色えんぴつ TOKYO SEEDS」の予約を受け付けています。1992年に初版が発売され、世界で10万セットを販売した大人気シリーズの第4弾なんだけど、コンセプトがすごく素敵なのです……!

→ 続きを読む

ぬり絵ができるマスキングテープが発売されたよ! 好きな色をぬってオリジナルのマステを作っちゃおう♪

かわいいデザインが多くて、たくさん集めたくなるマスキングテープ。そして、癒し効果があると大ヒットした「大人のぬり絵」。オトメたちに人気のこの2つが合体しちゃいましたよっーーー!!!

マスキングテープブランド「マステ」の新作は、「ぬり絵ができるマスキングテープ」。マスキングテープとしてはもちろん、ぬり絵としても楽しめちゃうという、楽しくて便利な優れものなのですっ!

→ 続きを読む

花の形と色を表現したロマンチックな「花色鉛筆」 削りカスまでタンポポや桜の花びらのカタチになっています

以前、Pouchでは、サンスター文具の「さくらさくえんぴつ」についての話題をお伝えしました。カタチも色合いも、そして削りかすまで桜の花びらな、めちゃステキな鉛筆でした。

今度は「花色鉛筆」という色鉛筆が、クラウドファンディング TRINUS(トリナス)に登場しています。

これまた、めちゃステキ……色だけでなく、カタチまでタンポポや桜だなんてスゴイ!

→ 続きを読む

【肌荒れが心配】 チョーク、カラーマーカー、色鉛筆など絵具&文具だけでフルメイクに挑戦した女性を発見!

ビューティーブロガーでありユーチューバーのMissTiffanyMaさん(以下、Maさん)が自身のチャンネルに投稿した1本の動画が、注目を集めています。

Maさんが披露してくれたのは、なんと、「絵を描く道具や文房具だけを使ってフルメイクする方法」!

→ 続きを読む

写真かと思った! 超リアルなイラストを色鉛筆で描き上げるアーティストがすんごい!!

艶やかな髪の毛、潤んだ瞳。誰もが一瞬、写真と見間違えてしまうほど精密で見事なイラストを仕上げる動画を公開し、世界をあっと言わせているのは、オランダ出身のペンシルアーティスト、エミー・カリア(Emmy Kalia)さんです。

彼女が絵を描く際に使う画材は、主に色鉛筆。けれども絵のクオリティーを見るに、ほぼ色鉛筆だけしか使っていないということが、とても信じられない! 

→ 続きを読む

大人だからこそ楽しめる! イラストをサラリと描ける本「色えんぴつでかわいい鳥たち」が登場

アートな塗り絵や写経などがオトナの間でトレンドとなっている昨今。色えんぴつで動物を描くための本が人気なのをご存じですか?

その名も「色えんぴつ技法シリーズ」から、今回は第3弾となる「色えんぴつでかわいい鳥たち」が登場。スズメやツバメなど文句なしにかわいい小鳥から、フィールドスケッチで人気のカワセミ、クジャクやハシビロコウなど動物園の人気者まで大集合しているの!

→ 続きを読む

宝石やグラス、意外なアレまで…色鉛筆で描かれた絵がホンモノにしか見えなくて自分の目が信じられなくなっちゃうよーーーッ!!

繊細なカッティングで美しい光を放つ宝石。透明な輝きをたたえるグラス。ありふれた市販の粉薬の袋。目の前にたしかに存在しているかのように見えるこれらの品々が、実はすべて「ただの絵」だとしたら……?

しばし呆然としてしまい、自分の目が信じられなくなっちゃいそう! 紙の上にあるそれらのモノを手で実際に触ってみないと、とうてい受け入れることはできないかも。

→ 続きを読む

ええっ コレ一体なにでできてるのっ!? 正解は、色鉛筆を束ねて削った彫刻アートでした

アートへのアプローチ法は、実に様々。特に現代アートという分野に関しては、素人目には「?」しか浮かんでこないようなものも少なくありません。

今回ご紹介するアートは、非常に不可思議なかたちをした彫刻アート。オーストラリア・シドニーのアーティストLionel Bawdenさんが作成したというこちらの作品、よく見ると小さな突起が幾重にも重なっているけれど……コレ一体なにでできてるのっ!?

→ 続きを読む