白雪姫やエルサ、オーロラ姫といったディズニープリンセス、そしてマレフィセントやアースラといったヴィランズ。

彼女たちはディズニーアニメ映画の登場人物ですが、もし現代のモデルとして蘇ったとしたなら……?

フォトグラファー兼イラストレーターであるGregory Masourasさんは、海外ファッション誌の表紙やランウェイのモデルたちを驚くべき職人ワザでディズニープリンセスたちに置き換えた合成画像を発表しているんです。

【白雪姫が『VOGUE』の表紙に】

たとえば一流ファッション誌『VOGUE』の表紙モデル。胸下までしかない丈の短いセーターを着て、なんと下半身はショーツのみというセクシーな格好をしていますが、彼女をなんと白雪姫にチェンジ!

さすが肌が雪のように白い白雪姫だけあって、元の表紙モデルよりも色白になってる! そしてその質感も生身の人間よりもアニメっぽい。ただ置き換えるだけでなくこだわって合成されているのがわかります。クオリティ高い……!

【ムーランはドルガバのファッションショーに】

また、ファッションショーのランウェイを歩くモデルの顔をディズニープリンセスに合成するなんて画像も。ドルチェ&ガッバーナのショーに登場したのはムーラン。真っ赤なロングドレスを着こなして、ふだんの男勝りな彼女とはひと味ちがったイメージを楽しめます。

【日本版の『VOGUE』も見つけたよ!】

あれあれ、日本版『VOGUE』の表紙も見つけちゃいました! 2016年10月号の『ヴォーグ ジャパン』の表紙を飾っているのは『白雪姫』の魔女。黒いハード目なレザージャケットとモードな赤いシャツが魔女のイメージとマッチしてて違和感ナシ!

【Gregoryさんのインスタをチェック!】

と、こんなふうにディズニープリンセスやヴィランをいろんなモデルたちと合成しているGregoryさんのインスタグラム画像。中にはかなりセクシーなものもあったりして、なかなかレアなディズニープリンセスたちを楽しめます。もっと見たい方は参照元から鑑賞してみてね♪

参照元:Instagram@greg_gr
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch