雪が降り積もった朝は、童心に帰って、雪だるまを作りたくなる。昨今では「より精巧な雪の彫刻を作りSNSに投稿する」なんて方も、増えているようですね。

現在アメリカを始め、日本でもSNSを通じてじわじわと流行しつつある「真冬の新しい遊び方」がこちら! 主にデニムを凍らせて作る「フローズンパンツ」なの。

【と、透明人間!?】

水に浸したデニムを外気で凍らせ、あたかも “デニムを履いた透明人間がそこに立っている” かのように見せる。

このちょっぴりホラーテイストを盛り込んだ試みを最初に始めたのは、米ミネソタ州東部、寒さの厳しいミネアポリスに暮らす、トム・グロッティング(Tom Grotting)さんです。

【合成写真じゃないよ】

ここ数年、冬を苦手とする隣人・ダイアンさんのため作り続けているという、「フローズンパンツ」。グロッティングさんのフェイスブックやインスタグラムを訪れると、そこには目を見張る秀作が! 

一瞬「合成写真かな?」と思ってしまうけれど、実際に “凍ったデニムが立っている” というのだからスンゴイ。

The fellas hanging out #polarvortexusergroup

A post shared by Tom Grotting (@tomgrotting) on

【ハッシュタグも現れた!】

そして今、この試みに注目する人が増加中のようで、ツイッターにはハッシュタグ「#frozenpants」まで現れるという事態に。

気象条件、さらには技術を必要としそうな「フローズンパンツ」だけに、雪だるまを制作するほど簡単にはいかなそう。けれど、見れば誰もが驚くであろう作品なことは確実ですし、ちょびっと挑戦したくなっちゃいますよねぇ!

雪の中に佇むデニムの姿は、なかなかシュール。指先まで凍りそうな寒い日に、トライしてみてはいかが!?

参照元:Facebook(Tom Grotting) Instagram(Tom Grotting) Twitter(Diane Fluin) Twitter(#frozenpants) Instagram(#frozenpants)
執筆=田端あんじ (c)Pouch

▼夜に見たらビックリして腰抜かいちゃいそう(危険)

Waiting for the city to warm up

A post shared by Tom Grotting (@tomgrotting) on

The #carhart pair sat down. The #levis remain on watch for #frozenpants

A post shared by Tom Grotting (@tomgrotting) on