これまで Pouch で数多くご紹介してきた、摩訶不思議なデニムシリーズ。

遠くから見たらふんどしにしか見えないデニムに、お尻がこんにちはしているデニムなど、デザインはどんどん過激に。

ついには “穿いてるようで穿いてない” デニムな~んて商品まで出現してしまい、デニムとは、パンツスタイルとはなんぞやと、首をひねらざるを得ないときもありました。

もはやここまでくると “やりつくした感” があることは否めず、「そろそろネタ切れかしらね……」と思っていた今日この頃。これまでの過激派デニムとは一線を画す、超変わり種デニムに出会ってしまったのであります。

【右と左で「太さ」が違うっ!!!!!】

そのデニムの名前は、ずばり「非対称ジーンズ(Asymmetrical Jeans)」

ウクライナの首都キエフを拠点とする、シュナイダー夫妻によるファッションブランド「クセニアシュナイダー(Ksenia Schnaider)」が手がけた商品で、特徴はまさしく “左右非対称” であること!

右足部分はストレート、一方の左足部分はワイドパンツとなっており、左右のパンツの太さが全然違うんです。

View this post on Instagram

ASYMMETRIC JEANS

A post shared by KSENIASCHNAIDER (@kseniaschnaider) on

【評価は賛否両論】

メインの秋冬コレクションの前に発表される「プレフォールコレクション2019」のひとつとして発表された「非対称ジーンズ」。露出はないものの、このフォルムだけでかなりのインパクトを放っています。

ネットからの評判はいかがなものかと公式インスタグラムに集まった声をチェックしてみたところ、

「素晴らしい」
「かっこいい」
「メンズ用はある?」
「なんて見苦しい」
「ばかげている」

といった具合に、見事に賛否両論まっぷたつ。個人的にはとってもクールなパンツスタイルだと思うのですが、さてみなさんはどう感じたでしょうか?

【ほかにも個性的なデニムスタイルがいっぱい!】

ちなみに「クセニアシュナイダー」は、個性的なデニムスタイルで有名なブランド。

“ハーフパンツと普通のデニムが一体化したかのようなボトムス” といった商品も生み出しているため、今回の前代未聞ともいえる商品が誕生したことにも納得でございます。

「非対称ジーンズ」は現在公式オンラインショップでプレオーダー受付中で、気になるお値段は、なかなかハイプライスな431ドル(約4万7千円)。穿きこなしてみたい!というみなさんは、ぜひワードローブに加えてみてくださいっ。

参照元:Ksenia SchnaiderInstagram @kseniaschnaider
執筆=田端あんじ (c)Pouch