お笑いコンビ「ガリットチュウ」のボケ担当、福島善成(ふくしま よしなり)さんは、モノマネ名人(?)としても広く知られているお方。

誰もが知ってる有名人から、「巷にこういう人いるいる~!」な一般人までレパートリーは幅広く、インスタのモノマネ画像はテレビ以上に攻めているから見逃がしたら損っ!

ここ最近ひんぱんに披露しているのは貴乃花親方のモノマネで、その少し前は船越英一郎さんのモノマネの登場頻度が多めでした。セレクトにしろ、モノマネの内容にしろある意味 “ギリギリ” だから、「そろそろ怒られるのでは……」と話題になっているみたいなんです。

【美女もイケメンも「似せてくる」】

福島さんのスゴイところは、「どう考えても素材自体は似ていないのに、最終的に思いっきり似せてくる」点です。

藤原紀香さんにダレノガレ明美さん、さらには福島さん自身も「大好き」と公言する日本テレビアナウンサーの水卜麻美さんなどに扮した福島さんは、なぜか本物そっくりに見えるから不思議。

【貴乃花親方が…もう本人にしか見えない!!!】

中でも驚くほど似ているのは先ほど紹介した貴乃花親方で、福島さんいわく、「TBS社内をこの格好のままウロウロしていたら本物と間違えられた」ほど。静止画でも動画でも文句なしのクオリティーでして、その点に関しては感心しっぱなしなのですが……。

相撲界を揺るがせたアノ騒動の真っただ中に、『ケンカのあとは』の歌詞と共に貴乃花親方のモノマネを披露したりと、鋭角を攻めすぎてるううう!!!

【そろそろマジで怒られますよ】

貴乃花親方に負けないくらいクリソツな船越さんのモノマネも敢えて「いい夫婦の日」に投稿するし、とにもかくにも “狙ってる感” がすごい。どう見ても、怒られる気満々やないか~い!

【1度ハマったらもう抜け出せません】

しかし悪意があるようには見えませんし、むしろモノマネしているご本人に対する愛情を感じてしまうから憎めないんです。

福島さんのモノマネシリーズに1度ハマったら、もうトリコ。最初に言っておきますが、この “沼” 、思ったより深いですよ……!

参照元:Instagram @fukushimayoshinari
執筆=田端あんじ (c)Pouch

▼「しえろ」というワードセレクトが絶妙すぎる「藤原紀香」

▼ハッシュタグが攻めすぎてる「船越英一郎」

▼個人的にツボったシリーズその1:「TOKIO山口達也」

▼個人的にツボったシリーズその2:「市川染五郎改め、第十代目松本幸四郎」

▼そして最後は…ドッペルゲンガー並みに似ている「貴乃花親方」