Pouch でたびたびご紹介してきた、異様にクオリティーの低いモノマネ写真の数々。

このテーマに挑戦しているほとんどは男性で、タイのインスタグラマーによる “絶対お金をかけないチープコスプレ” や、フランスのコメディアンによる “低予算アリエルコスプレ” など、その多くは「いかに予算をかけないか」という点にこだわっていた印象でした。

今回新たに見つけたのは、ロシア・モスクワからの刺客(?)、ユーリ・イステリカ(Yuriy Isterika)さん。

イステリカさんがテーマにしているのはおもに有名人のようで、ロシアのスターから世界的スターまで、チョイスはさまざま。しかし誰に扮しようともいつだって低クオリティーなので、見ていて吹き出さずにはいられないんです。

【低コストはアイディアでカバー】

他の人々と同じように、低クオリティーモノマネにおける大切なキーワード “低予算” を、しっかりと踏まえているイステリカさん。

華やかなドレスは、トーストやチーズ、丸めた靴下など、身近なもので再現。大きな白い花のヘッドドレスを表現する際には、なんと花の代わりにカリフラワーを採用(!)しておりまして、頭が重そうでちょっぴり心配になってしまいます。

【便座を帽子にするとか、ブットンでるっしょ】

イステリカさんのアイディアはチープですが、どこか神がかっているのが特徴です。分厚いくちびるをドーナツで表現したり、麦わら帽子をトイレの便座で表現したりといった思い切り方は、おそらく世界中の誰もが発想すらしないことでしょう。

【メラニア婦人のクオリティーがひどい】

本物を知っているだけによりジワジワくるのが、世界的有名人をモデルにしたモノマネ写真です。

イギリスのフィリップ殿下とエリザベス女王に、ハリウッド女優のシャーリーズ・セロンさん、サラ・ジェシカ・パーカーさんなど、どのコスプレもある意味秀逸なのですが……。

「こりゃ、電車の中で絶対に見ちゃいけないな!」と感じたのは、トランプ大統領とメラニア婦人のモノマネ。

Tシャツにポップコーンを貼り付けてスパンコールつきのドレスを表現する(!)チープさもさることながら、お友達と思われる男性が扮したメラニア婦人の表情がひどすぎて、ほんのり悪意すら感じてしまうほど。

トランプ大統領のほうがまだキュート……イステリカさんのお友達ってば、メラニア婦人になにか個人的な恨みでもあるのでしょうか(笑)。

【歴代最高の「推し」です!!!】

スクロールするごとに爆笑の波が押し寄せてくる、イステリカさんのインスタグラム。

個人的にはこれまでご紹介してきた中でも “笑える度ナンバーワン” だと思っているので、みなさんもさっそくご覧になってみてくださいっ。

参照元:Instagram @mataharik
執筆=田端あんじ (c)Pouch

▼アイディアマンですね~~~(隅々まで見るとさらにジワります)

▼有名人だけにとどまらず、ニホンザルのモノマネまで披露してました(笑)