アメリカのお洒落な人たちが、マンハッタンからブルックリンに移動したように、東京でも蔵前や清澄白河など、東側の下町人気が高まってきているこの頃。今度は木材と物流のまち、新木場に倉庫をリノベーションした複合施設、「CASICA(カシカ)」が誕生しました。

【古い倉庫をリノベーションしたお洒落空間】

元々は、古くからある銘木倉庫だったという建物。大きな扉やトタン屋根など、倉庫ならではの趣があって素敵です!

ここが、民藝品や日用品を集めたショップや、ギャラリー、カフェ、撮影スタジオを併せた場所としてリノベーションされたそうです。時代や価格、民族にとらわれない、多様なアートやプロダクトを集めた空間となっています。

A post shared by CASICA (@casica.tokyo) on

【オススメは心と体を整えるカフェ】

中でもオススメは、世界の料理に薬膳やアーユルヴェーダを取り入れたデリ形式のカフェ。

こちらのカフェは、人気の料理ユニット・南風食堂が監修。Hanakoやan・anといった雑誌にレシピを掲載している南風食堂の料理が、実際に楽しめる唯一のお店です。

好きなおかずを選べるランチでは、「蒸し野菜のカフィアライム塩添え」、「ペルー風チチャロンとさつまいものマリネ」、などなど。読んだだけでは味が想像できない、おしゃれなメニューが、作家ものやアンティークの素敵な器で味わえるんだとか。

A post shared by CASICA (@casica.tokyo) on

お店の場所は、新木場駅から徒歩3分。「新木場なんて、ディズニーランドへの乗り換えでしか行かないわ」、「夢の島公園に行ったことあるけど、駅前はカレーうどん屋くらいしかなくて食事難民になった……」というあなたも(私です)、ぜひ立ち寄ってみてください!

お洒落なエリアに変わりつつある木の街、新木場。お店から少し歩けば、東京湾に繋がる運河も見えるので、都心にいながら、海沿いののんびりとした時間を過ごせること間違いなしです。

参照元:プレスリリースCASICA
執筆:大村タマ(c)Pouch