宛先や添付ファイルを間違えてメールを送ってしまったことがある人は、きっと少なくないと思うんです。

大学生のアレックス・スパロウ(Alex Sparrow)さんは、なんと教授宛てに、この凡ミスを犯してしまった模様。

論文を送る代わりに猫の写真を送ってしまったらしく、しかも猫の写真は顔をしかめて「いーっ!」と歯をむき出しにしたもの。

おそらく送られたほうとしては、怒ったり、意図がわからなすぎて混乱するはず……。果たしてアレックスさんの運命やいかに~~~!?

【友人たちに相談して気持ちを整理】

“事件” が起きたのは、2018年4月20日のこと。

間違いに気がついたアレックスさんは真っ先に、友人たちに「やべえ! ミスった! どうしたらいい!?」と、ことの顛末を話して相談。すると友人たちは「今飲んでたもの吹いたわ!」「教授に『間違いです』ってメールしろ」などアドバイスを送ってくれました。

【ツイッターで注目の的に】

その後一連の流れをツイッターでつぶやいたところ、9万4700を超えるリツイートと、28万8000を超える「いいね」を獲得して一躍話題に。

海外サイト「Bored Panda」がアレックスさんに行ったインタビューによれば、ツイッターからの通知が止まらず、しばらくの間、携帯電話が操作できないほどだったといいます。

【怒られるどころか100点満点をもらえました!?】

それからしばらく、教授からの返信を待っていたというアレックスさん。しかし4月22日まで返事が来ず、あきらめて再度メールを送ろうかと思っていたところ……ようやく教授から返信キターーー! 

なんと教授はアレックスさんに苦言を呈すどころか、猫の魅力にドはまり

猫に会えないか聞いてきたり、PCの壁紙にしたりといたく気に入ってしまったようで、アレックスさんは論文の再提出を求められるだけに留まったよう。しかも驚くべきことに、100点の評価までくれたそうなんです。

ちなみに……写真に写っていた猫は、アレックスさんの飼い猫ではなくネットの拾い画だったとのこと。というわけで教授は永遠に、この猫さんには会えなさそうです。残念!

参照元:Twitter @BBMBennettBored Panda
執筆=田端あんじ (c)Pouch

▼もう間違えないでね