NHK総合で放送中の朝ドラ『まんぷく』は、2018年11月12日から第7週目に突入しました。

福ちゃん(安藤サクラさん)&萬平さん(長谷川博己さん)夫妻が新たに始めた商売「塩づくり」も、塩ザイルの面々がやってきたことでついに本格化。しかしながら、親友に借金の申し込みをしたり、塩ザイルの面々がストレスフルになったりとトラブル続きで、重~い展開も多めだったこの週。

その中でも視聴者がもっともヤキモキしたのが、桐谷健太さん演じる世良さんの悪行だったのではないでしょうか。

【世良~~~~~!!!!!】

萬平さんと塩ザイルが汗水流して作った、初めての塩。ようやく販売にまでこぎつけたのに、世良さんを信用して運搬と仲介をに任せた結果、売上金を中抜きされてしまうのです……!

思ったよりも売り上げがなかったことを受け(中抜きされてるから)、さらなる品質改良を目指し一級品の塩を完成させた萬平さんたち。

しかしながら世良さんは、前回の「中抜き」がバレていないことで味を占めたのでしょう。塩を闇市で高値で売りさばき得たお金のほとんどを自分の懐に入れてしまうという暴挙に出てしまうのです……!

【ハッシュタグ「#世良に願いを」ってなに!?】

『ルパン三世』の峰不二子を彷彿とさせる裏切りを見せた世良さんに対し、ついに視聴者の怒りは爆発。

その後まもなくしてツイッターに出現したのは「#世良に願いを」というハッシュタグでして、このタグをつけて「世良さんになにか悪いことがおきますように」と願う人が続出。ついにはトレンド入りを果たすまでになり、世良さんてば、どんだけ憎まれっ子なんですか~!

しかしながら、憎まれると同時に、視聴者から熱烈に愛されてもいる世良さん。というわけで「願い」の内容は軒並みしょーもなく(すみません)、どのつぶやきも愛に溢れているんです。たとえば

「闇市でオッサンが毎回目の前で指を舐めながら数えた札を手渡されますように」
「食堂に入ったら臭いふきんでテーブル拭かれますように」
「オープニングのクレジット、世良勝夫だけ下手くそ手書き文字になりますように」
「めっちゃ辛いししとうが当たりますように」
「一生たこ焼きにタコが入っていませんように」
「世良の食べたあさりの酒蒸しが砂抜きしてなくてジャリジャリしますように」
「カップ麺にお湯を注いでたら半分くらいでポットのお湯がなくなりますように」

といった感じで、どれも些細なことだけど、実際に我が身に起きたらちょっと嫌な気分になるものばかり。半ば “大喜利状態” にもなっていて、世良さんの愛されっぷりを実感することができたのでした。

【福ちゃんの華麗なる逆襲に気分爽快!】

しかし世良さんの悪行も、もはやここまで

というのも、週の最後の放送日となった17日に、福ちゃんが持ち前の “頭の良さ” を活かして大活躍!

証拠をつかみ、「お前がなにをしたのか知っているぞ」と釘を刺して世良さんをぎゃふんと言わせたばかりか、大坂経済界の重鎮・三田村会長(橋爪功さん)から投資してもらえることになったんですよ~!

さらには福ちゃんご懐妊(!)という嬉しい展開もあって、ハッピーエンドで幕を閉じた7週目だったのでした。世良さん、もうこないな悪いことしたら、あきまへんで~~~!

参照元:NHKオンラインYouTubeInstagram @nhk_mampukuTwitter @asadora_bk_nhkTwitterハッシュタグ #世良に願いを
執筆=田端あんじ (c)Pouch

▼世良さんと福ちゃんはプライベートでも仲良しなようです(笑)

▼塩ザイルと福ちゃんも仲良し~

▼福ちゃんによる「華麗なる逆襲」の内容がわかるインスタマンガはこちら

▼7週目の振り返り動画もどうぞ~