2020年夏、長崎県・平戸(ひらど)市の平戸城に、日本初の城泊(キャッスルステイ)がオープンします。

海外ではお城を改築したホテルがしばしば見られますが、日本のお城に泊まれるというのはレア中のレア~!

平戸城は平戸市のシンボル。日本100名城にも選ばれた建築物なので、国内外から宿泊希望者が殺到しそうですっ。

【宿泊施設になるのは「やぐら」です】

城泊が誕生したきっかけは、平戸城の大規模改修工事。これにあわせて、平戸城の懐柔櫓(かいじゅうやぐら)を宿泊施設化しようという企画が持ち上がったそう。

懐柔櫓は現在は倉庫となっている、平戸城のやぐらのひとつ。海に面した場所に位置しているので、絶景も楽しめるのではないでしょうか。

【宿泊イベントは大盛況】

今回の常設化に先がけて2017年に実施された「平戸城キャッスルステイ無料宿泊イベント」では、国内外から約7500組もの応募がきたのだそうです。

常設されたら、体験型観光ができる名所として大いににぎわいそう~!

【無料で宿泊できるチャンスも!】

平戸市は、日本最古の南蛮貿易の拠点となった城下町。世界文化遺産に登録される長崎・天草地方の「潜伏キリシタン関連遺産」も保有しており、じっくりと観光したくなる都市です。

平戸城を拠点にして、平戸の魅力を心行くまで堪能したいものですね。

開業に先がけて現在「STAY JAPAN」のウェブサイトでは城泊の魅力を発信する「城泊アンバサダー」を募集しています。

登録すると抽選で5組10名が開業前に平戸城に城泊できる特別無料招待を受けることができるので、誰よりも先に体験してみたい!という人は、さっそく応募してみてはいかがでしょうか。

参照元:プレスリリースSTAY JAPAN
執筆:田端あんじ (c)Pouch

This slideshow requires JavaScript.