2020年11月13日にTBS系で放送された『恋する母たち(通称:こいはは)』第4話。

今回も見どころ盛りだくさんでしたが、いちばんの沸きどころ(?)は、やはり驚愕のラストシーンといえるのではないでしょうか……!

絵に描いたような修羅場にネットも騒然。ツイッターのタイムラインが阿鼻叫喚となっていたんですっ!

【愛人との密会に夫が現れ…!】

第3話で一線を越えて以降、逢瀬を重ねる優子(吉田羊さん)と赤坂(磯村勇斗)。

ふたりの気持ちはどんどん盛り上がり、ついには優子の家の近くでキスを交わしてしまいます。

するとそこに現れたのは……専業主夫である優子の夫・シゲオ(矢作兼さん)!

なんともいえない表情のシゲオが画面に大写しになったところで、第4話は幕を閉じたのでした。

【「矢作さーーーん!」と叫ぶ人が続出】

番組公式インスタグラムには、優子・シゲオ・赤坂のスリーショットが公開されているのですが、見ていると複雑な気持ちになるのは私だけではないはず……

シ、シ、シゲオーーーーーーッ!!!!!(かける言葉が見つからない)

このシーンの直後からネットは大騒ぎ。

ツイッターには、役名ではなく演者の名前で「矢作さーーーーーーん!」と叫ぶ人が後を絶たず、同情の声が多数寄せられているんです。

いや、もう、こんなん目撃しちゃったら、叫ぶしかないですよね……。最後のシゲオの表情が、頭に焼き付いて離れない……。

【破壊力がすごすぎる「離婚して」】

シゲオへの同情が集まるいっぽう、もうひとつネットで話題になっていたのが、赤坂が優子に言った「離婚して」というセリフ。

禁断の甘い囁きにツイッターには

「赤坂くんからの『離婚して』はダメだ~~!!! 爆速で市役所行ってしまう~~」
「赤坂くんの放つ言葉たち、攻撃力が強すぎる」

といった声が寄せられています。また「既婚者ではないのに離婚したくなった」という声まで見られて、赤坂人気が留まることを知りません。

【丸太郎が恋愛上級者すぎる】

どんどん盛り上がってゆく優子と赤坂の恋。

そのいっぽうで、個人的に唸ってしまったのは、丸太郎(阿部サダヲさん)のスマートすぎる距離の縮め方です。

意中のまり(仲里依紗さん)を強引に口説くのではなく、的を得た助言で支え続けて、ここぞというところで決めてくる……

あまりにもヤリ手すぎて「これで落ちない女性はいないのではないか!?」と感じた次第です。

案の定、まりはどんどん深みにハマっている模様。第5話予告で一線を越えたかのようなシーンがあったので、ますます恋が加速していきそうです。

回が進むごと目が離せなくなってゆく『恋する母たち』。

杏(木村佳乃さん)&斉木(小泉孝太郎さん)の関係にも変化が訪れるようだし、続きが気になって仕方がありませ~ん!

参照元:TBSテレビInstagram @koihaha_tbsTwitter @koihaha_tbsTwitter検索 #恋する母たち 離婚して
執筆:田端あんじ (c)Pouch

▼『恋あた』とさりげなくコラボしていたシーンも話題に!


▼第5話予告はこちら