「かるた」にまつわる記事

【冬の夜に】切り絵で作る百人一首で丁寧な時間を過ごさない? 初心者もじっくり取り組めるよ

古くから日本で親しまれている遊びといえば、かるた(百人一首)。絵札を使った「坊主めくり」で遊んだことがある方も少なくないはずです。

今回紹介するのは、そのかるたを切り絵で作って楽しめる本!

2018年1月17日に誠文堂新光社から発売される『切り絵でつくる百人一首』(税抜き1600円)は、江戸時代の画家・尾崎光琳が描いた「光琳かるた」を元に、切り絵をしたり、歌を覚えたりできるもの。

「光琳かるた」は小倉百人一首の中でもっとも豪華で華麗な作品と言われており、その風雅な世界観にどっぷりと浸ることができるのも、大きな魅力なのではないでしょうか。

→ 続きを読む

48種類のフォントを見分ける『フォントかるた』がさらにパワーアップしちゃったよ! 素人には全く見分けがつきませぬ…

この世は、ありとあらゆる書体(フォント)であふれています。同じ文章でも、フォントを変えるとイメージがガラッと違って見えますし、調べてみると奥が深いものなんですよね。

そんなフォントに焦点を当てた「フォントかるた」が発売されたのは、2017年2月のこと。「フォント名を詠みあげて、そのフォントの札を取る」という大変マニアックなアプローチが、一部の層のハートにミラクルヒット。また同時に「難しすぎる」と話題になっていたようなんです。

→ 続きを読む

百人一首をイメージした和風カクテルが琵琶湖ホテルに登場♪ 光源氏のモデルとなった源融の和歌も

「かるたの聖地」と呼ばれる滋賀県の大津。この地にある「琵琶湖ホテル」では2017年9月1日から12月31日まで「百人一首カクテル」を飲むことができるんだって!

百人一首の中から3種の歌をイメージしたオリジナル和カクテルが登場するそうで、中には源氏物語の主人公・光源氏のモデルともいわれる源融(みなもとのとおる 河原左大臣)の恋心を表現した和歌のカクテルも……! なんだかとってもロマンチックなひとときを過ごせそう♡

→ 続きを読む

【Pouchの年末年始】メイド服を着て「かるた」をしてみた / 大人だけど熱中しちゃうからぜひやってみて!

正月早々、メイド服を着た百村モモ記者と篠宮チュン記者に呼び出され、「絶対に失敗しないお雑煮」を食べたり、「書き初め」をしたりと愉快な日々を送っている記者(夢野うさぎ)。

今日も当然のように、百村記者から「メイド姿で『かるた』するよぉ~☆」とお呼びがかかりました。

「かるた」かぁ~、これまた久々の遊びだなぁ~。と、いうか、なぜメイド姿で「かるた」をするんだろうか……「かるた」よりそっちの方が気になりますが、とりあえずメイド服を着てPouch編集部へ行ってみることにしました。

→ 続きを読む

ヴィレヴァンから「あとのまつりかるた」登場! 黒歴史の暴露合戦となるオトナのための「かるた大会」はいかが?

かるた取りって、大人になってからはまぁしないですよね。「え、だってかるたって子どものお遊びだろ~?」とお思いのあなた!

今回は大人の皆さんにこそオススメしたいかるたをご紹介しましょう。それがヴィレッジヴァンガードから発売中の「あとのまつりかるた」。

このかるたの読み札に書かれているのは、「好きになってしまった…」「太ってしまった…」など日常にあふれる後悔と懺悔の言葉。やっちまった……というビターでスウィートなエピソードを、みんなで愉しみ清算するという大人のためのかるたなのです。

→ 続きを読む